岸岱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸岱(がんたい、天明2年(1782年[1]または天明5年(1785年[2] - 元治2年2月19日1865年3月16日[3])は、江戸時代後期の絵師岸駒の長子に生まれ、岸派の2代目として継承・発展させた。名は若い頃は国章、のち昌岱。字を君鎮。別号に卓堂、虎岳、紫水、同功館など。

経歴[編集]

父から厳しく画法を習い、画才が乏しいことを責められたという[4]文化5年(1808年従六位下筑前介に任ぜられ[2]、その翌年父岸駒とともに金沢城内に障壁画を描く。文政8年10月に正六位下[2]天保7年(1836年)には越前守に進む。天保15年間(1844年有栖川宮の代参として金刀比羅宮に参拝、奥書院の障壁画を制作を申し出、2ヶ月足らずで「柳の間」「菖蒲の間」「春の間」全てを完成させた。嘉永6年(1853年従五位下筑前守に叙す[2]安政年間(1854年-1860年)御所造営に岸誠岸連山岸竹堂らと共に参加し、御常御殿二之間、御学問所中段之間、皇后宮常御殿御寝之間、御花御殿北之間の障壁画を担当した。墓所は上京区本禅寺

岸駒や呉春亡き後、長命だったことも手伝い、岸派の二代目として京都画壇に大きな勢力を築いた。『平安人物誌』には文化10年(1813年)から嘉永5年(1852年)の長期に渡って掲載され、しかも7番目から少なく11番目という上位に掲載されており、当時の人気のほどが窺える。その画法は岸駒の筆法を受け継ぎ、などの動物画を得意としつつも、四条派を意識した温和な作品や、伝統的な大和絵の画題や金地濃彩の障壁画など幅広い作風を示す。金刀比羅宮の障壁画では、80年前に描かれた伊藤若冲の障壁画へのオマージュや宮への恭敬からか、敢えて自分の得意な画題を描かず、与えられた空間を最大限活かすように作画している。絵だけでなく文筆にも秀で、書籍の序なども手掛けた。

弟子に、長男の岸慶、次男の岸礼、末子の岸誠喜田華堂など。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・落款 備考
牡丹に鶴図屏風 紙本金地著色 二曲一双 154.0x170.4(各) 松平家歴史資料(香川県立ミュージアム保管) 1808-36年 落款「筑前介岸岱」/「岸岱」「君鎮」白文長方印 高松松平家伝来[5]
獅子・虎図 紙本金地墨画 六曲一双 富山県水墨美術館 1833年(天保4年) 獅子図:「越前守岸駒 時年八十八齢」/「可観岸駒」
虎図:「天保癸已年初冬日應需林氏老父天開翁獅子寫 筑前介岸岱乕添」
款記から獅子図を岸駒が、虎図を岸岱が描いたとも取れるが、「林氏の需めに応じて老父岸駒の獅子図を筑前介岸岱が写し、自らの虎を描き添えて一双とした」の意味とも取れ、画風からも岸岱の一筆だと考えられる[6]
龍虎図屏風 紙本金地著色 六曲一双 175.4x361.8(各) 三の丸尚蔵館 1836年(天保7年)以降 款記「越前守岸岱」[7]
鷹図 紙本著色 1幅 170.1x137.1 大英博物館 1838年(天保9年)
金刀比羅宮奥書院障壁画 金刀比羅宮 1844年(天保15年)
陵王図・桜樹太鼓図衝立 紙本金地著色 衝立1基 176.3x179.1 金刀比羅宮 1844年(天保15年) 表:款記「天保甲辰小易春 同功筑前介岸岱」/「岸岱」白文方印・「君鎮」朱文方印
裏:款記「筑前介岸岱寫」/「同功館」朱文長方印・「岸岱」白文方印[8]
Enjoying The Waterside(右隻左隻 紙本墨画淡彩 六曲一双 インディアナポリス美術館 1846年弘化3年)
隆国寺障壁画 隆国寺 1846年(弘化3年)秋 岸連山との共作で、岸岱は全36面の内16面と担当。内訳は「耕作図」紙本淡彩、「猛虎図」紙本墨画淡彩、各襖8面。兵庫県指定文化財[9]
牧童図 絹本著色 1幅 143.0x84.2 ボストン美術館 1853年(嘉永6年)
松に兎図 絹本著色 1幅 143.8x82.8 ボストン美術館 1855年(安政2年)
近江八景図 紙本墨画淡彩 八曲一隻 86x336 石川県立美術館 1859年(安政6年)
小松鶴図屏風 紙本金地著色 六曲一双 166.4x360.4(各) 泉屋博古館 1861年(文久元年) 右隻に款記「文久紀元辛酉二陽越前守岸岱時年八十」/「佐伯朝臣」朱文方印・「岱之章」朱文方印
左隻に款記「越前守岸岱」/「佐伯朝臣」朱文方印・「岱之章」朱文方印[10]
巌上咆哮猛虎図 絹本著色 1幅 148.5x86.8 滋賀県立琵琶湖文化館 1862年(文久2年) 款記「文久二年歳次壬戌春写 筑前守岸岱時年八十有一」/「佐伯朝臣」朱文方印・「岱之童」朱文方印
四季山水十二支図屏風 六曲一双 174.0x356.2(各) 石川県立歴史博物館
芦に鶴図 紙本淡彩 1幅 125.2x44.7 石川県立美術館
富士川眺望図・鴛鴦図衝立 絹本著色 衝立表裏2面 福井市立郷土歴史博物館 松平春嶽常用の小衝立[11]
琴碁書画、四季山水、花鳥図押絵貼屏風 紙本淡彩 六曲一双 131.7x53.5(各) 滋賀県立近代美術館
十二ヶ月画帖 紙本淡彩 1冊 城南宮
孔雀図 絹本著色 1幅 131.0x84.2 ボストン美術館
岩上鷲図 絹本墨画 1幅 106.9x40.4 ボストン美術館
岩上孔雀図 絹本著色 1幅 インディアナポリス美術館

脚注[編集]

  1. ^ 岸岱筆「群仙琴棋書画図」(敦賀市立博物館蔵)に「天明壬寅吾召(?)降」という朱文長印が押されており、この「天明壬寅」とは天明2年に当たる。更に、他の岸岱作品の年記とも合致する(敦賀市博(2005)p.72)。
  2. ^ a b c d 地下家伝』。
  3. ^ 『京都名家墳墓録』。
  4. ^ 白井華陽『画乗要略』
  5. ^ 徳川美術館編集・発行 『名古屋開府四〇〇年 徳川美術館・蓮左文庫開館七十五周年記念 春季特別展 王者の華 牡丹』 2010年4月10日、pp.83、156。
  6. ^ 水尾(2004)p.28。
  7. ^ 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『虎・嗣子・ライオン ―日本美術に見る勇猛美のイメージ 三の丸尚蔵館展覧会図録No.51』 菊葉文化協会、2010年7月17日、pp.14-15。
  8. ^ 田窪恭治監修 伊藤大輔[要曖昧さ回避]責任編集 『平成の大遷座祭斎行記念 金刀比羅宮の名宝─絵画』 金刀比羅宮、2004年、pp.294-295,393-394
  9. ^ 兵庫県教育委員会文化財課 兵庫県立博物館準備室『近世の障壁画(但馬編) 』 但馬文化協会、1982年7月、pp.24-48,133-134。
  10. ^ 公益財団法人 泉屋博古館編集・発行 『泉屋博古 日本絵画』 2010年11月1日、pp.150-151,223-224。
  11. ^ 『春嶽公記念文庫名品図録 続編』 財団法人積善会、1985年8月26日、pp.111、323。

参考文献[編集]

  • 水尾比呂志 「岸岱筆 獅子・虎図屏風」『国華』第1304号、2004年6月20日、pp.28-31
展覧会図録

外部リンク[編集]