文人画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文人画(ぶんじんが)とは、中国において職業画家の画(院体画)に対し、文人が余技として描いた絵画のことをいう。もともとはこのように「文人の描いた絵」のことを指す言葉であったが、後に文人画風で描かれた絵画のことも指し示すようになり、次第に様式概念を表す意味となった[1]

中国[編集]

明代の画家・批評家である董其昌によって提示された区分。職業画家を技法のみに拘泥するものと批判し、画家の内面性・精神性が表現されている絵画を高く評価した。

董其昌によれば、院体画の系譜は北宗画北画)とほぼ重なり、文人画の系譜は南宗画南画)とほぼ重なる。この見解は中国絵画史に大きな影響を与えたが、董其昌の主張は対立する北宗画を攻撃する狙いもあり、その理論の組み立ては恣意的な点が多い。

彼の説明では、唐代の王維がその起源とされる。宋代に士大夫によって多く描かれ、元末四大家の頃に様式化が進んだ。董其昌は自らをこの系譜の上においている。

文人画は士夫画とも呼ばれる。これは蘇軾の文のなかに見える語であるが、滕固氏はこの語義を以下の3つに分類する[2]

  • 画工のうちでも特に学問教養の深い作者の画。
  • 画を士大夫の余興または気晴らしとみる考え。
  • 画の体制の上から士大夫作者と院体作者を区別する考え。

第一の思想は普南北朝時代に起源があるとし、儒家的功利思想をもつ王廙の賛と画に高い才能を要求する思想がみえる姚最の句をあげているが、いずれも画を深い学問教養を積んだ人が描くものとしこれを職業的画工の作品から区別するものである。この絵画観はその後も唐宋時代に受け継がれるものとなる。

第二の思想についてはその作者の例として北宋の政治家、詩人であった蘇軾やその従兄弟文同等を挙げている。

第三の思想についての論は明末の南宋論者から出たものである。滕固氏は、士大夫の語についてこれらの語義を超えて異なる用例が多少あれど、この三種の語義を出ることはないと述べる。

北宋期においてはこれらの特徴がひとつの芸術論的体系として内面的に深く融合される。古くは六朝期の美術にも唐宋美術に発展すべき萌芽がすでに無意識のうちに含まれており、後代の芸術思想も深くその源泉を究めれば遠い過去にみえることができるという見地から、士大画思想とはひとつの芸術論的体系としては北宋期に成長し各著名な詩人画家たちがその理論的代表者となったが、しかしその思想の個々の特徴は普六朝期に源泉を辿りうるものである[3]

日本[編集]

日本には室町時代に伝えられ、江戸時代中期以降盛んになった。日本の文人画という意味で、南宗画を省略した「南画」という言葉が使われることもある。

初期の文人画の画人としては、祇園南海柳沢淇園彭城百川がいる。

江戸時代の文人画の代表者には、池大雅与謝蕪村谷文晁渡辺崋山など。

明治時代の文人画の大家には滝和亭松岡環翠渡瀬凌雲服部波山奥原晴湖がいる。以降、美術界を主導するアーネスト・フェノロサ岡倉天心から低く評価され、富岡鉄斎や南画家の野口小蘋らが活躍するが、やがて衰退した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 河野道房 『中国山水画史研究ー奥行き表現を中心にー』(第1刷版) 中央公論美術出版、2019年2月、335頁。ISBN 9784805507995 
  2. ^ 滕固 『唐宋絵画史』(初版版) 中国古典芸術出版社、1958年3月。ISBN 9787531477303 
  3. ^ 中村茂夫 『中国画論の展開』(初版版) 中山文華堂〈普唐宋元篇〉、1965年。 NCID BN05160225