内野貴志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内野 貴志 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウチノ タカシ
ラテン文字 UCHINO Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-02-15) 1988年2月15日(32歳)
出身地 滋賀県大津市[1]
身長 180cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム MIOびわこ滋賀
ポジション DF
背番号 22
利き足
ユース
滋賀県立野洲高等学校
びわこ成蹊スポーツ大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2014 京都サンガF.C. 34 (1)
2015-2019 AC長野パルセイロ 84 (6)
2020- MIOびわこ滋賀
代表歴2
2009 ユニバーシアード日本
1. 国内リーグ戦に限る。2020年1月8日現在。
2. 2020年2月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内野 貴志(うちの たかし、1988年2月15日 - )は、滋賀県大津市出身のサッカー選手。ポジションはDF

経歴[編集]

小学2年生の時にサッカーを始め、小学校6年生の時に京都J-マルカFCに入る[2]。中学生時代にはFWも務めたが、DFに専念するようになった[2]野州高校に進み、3年の夏にはおかやま国体サッカー少年男子の県代表に選ばれ、冬は同期の楠神順平青木孝太とともにや高校選手権に出場。守備の要としてチームを支え、初優勝に貢献した[3]

高校卒業後は龍谷大学に進学して滋賀県社会人サッカーリーグ1部のBSCロサージュでプレーしていたが、より本格的にサッカーをしたくなり1年生の途中でびわこ成蹊スポーツ大学を受験し、改めて同大学に入学している[3]2008年2009年には全日本大学選抜に選ばれ、2009年夏季ユニバーシアードでも代表入りを果たし、高橋秀人とともにボランチで起用された[4]

2010年は2回の骨折で十分なパフォーマンスを発揮できなかったが、2011年1月より練習生として参加した京都サンガF.C.で正確なロングパスや守備力が評価された[3]。同年2月24日、京都に加入すると発表された[1]

2015年、AC長野パルセイロに完全移籍[5]。2020年2月14日、MIOびわこ滋賀に加入すると発表された[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 京都 32 J2 20 0 - 4 0 24 0
2012 5 3 0 - 0 0 3 0
2013 3 0 - 0 0 3 0
2014 4 8 1 - 1 0 9 1
2015 長野 J3 33 1 - 2 0 35 1
2016 19 2 - 0 0 19 2
2017 10 0 - 3 2 13 2
2018 10 2 - 2 1 12 3
2019 12 1 - 1 0 13 1
2020 MIO 22 JFL -
通算 日本 J2 34 1 - 5 0 39 1
日本 J3 84 6 - 8 3 92 8
日本 JFL -
総通算 118 7 - 13 3 131 9

脚注[編集]

  1. ^ a b “内野貴志選手(びわこ成蹊スポーツ大学)加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2011年2月24日), https://www.sanga-fc.jp/news/p/706/ 2020年2月14日閲覧。 
  2. ^ a b Jマルカ OBインタビュー
  3. ^ a b c 読売新聞、2011年3月3日付朝刊、P.33
  4. ^ タレント不足を覆してつかんだ銅メダル ユニバーシアード サッカー男子 スポーツナビ (2009年7月14日)
  5. ^ 新加入選手のお知らせ - 2015年1月18日 AC長野パルセイロ公式サイト
  6. ^ “内野貴志選手 AC長野パルセイロより加入のお知らせ” (プレスリリース), MIOびわこ滋賀, (2020年2月14日), https://www.mio-biwako.com/25641.html 2020年2月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]