内藤政義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤政義
Naitō Masayoshi.jpg
内藤政義
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政3年3月3日1820年4月15日
死没 明治21年(1888年11月18日
改名 直恭(初名)、政義
別名 帯刀(通称
戒名 興徳院行誉立道常山居士
墓所 東京都港区青山霊園
官位 従五位下能登守右近将監
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂
日向延岡藩
氏族 井伊氏(掃部頭家)内藤氏
父母 井伊直中内藤政順
兄弟 井伊直清穠姫、某、井伊直亮、鋭三郎、亀五郎、知、井伊中顕、充、秩、
中川久教政成、芳、松平勝権
新野親良井伊直元横地義之政優
井伊直弼政義
溝口直諒三女豊姫立花鑑賢
政挙
テンプレートを表示

内藤 政義(ないとう まさよし)は、日向国延岡藩7代藩主。延岡藩内藤家宗家12代。

生涯[編集]

近江彦根藩主・井伊直中の十五男。井伊直弼(直中の十四男)の異母弟に当たる。

文政3年(1820年)3月3日に生まれ、彦根での元服後の初名は直恭といった。天保5年(1834年)7月、藩主であった兄・直亮(直中の三男)の招きで、兄・直弼とともに彦根から江戸へ赴く。嗣子のいなかった延岡藩主内藤政順の養子候補者に挙げられたためである。その結果、選ばれた直恭は政順と養子縁組し、政義と改名した。なお、直弼は翌年8月に彦根へ帰国し、以後は長らく部屋住みとなった。

天保5年(1834年)10月13日、養父・政順の死去により、家督を相続した。同年12月、従五位下能登守に叙任された。藩政においては天保12年(1841年)、嘉永元年(1848年)の相次ぐ飢饉における救済対策、軍制改革、学制改革、新田開発などの改革に従事している。嘉永3年(1850年)、藩校学寮を「廣業館」と改称した。

文久2年(1862年)10月24日、養嗣子の政挙に家督を譲って隠居した。

明治21年(1888年)11月18日に69歳で死去した。

系譜[編集]