井伊直元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
井伊直元
Ii Naomoto.jpg
井伊直元
時代 江戸時代後期
生誕 文化6年4月16日1809年5月29日
死没 弘化3年1月13日1846年2月8日
改名 徳之助(幼名)、直元
別名 中務(通称)
戒名 良性院殿真相元諦大居士
墓所 東京都世田谷区豪徳寺
官位 従四位下侍従玄蕃頭掃部頭左近衛権少将
近江彦根藩世嗣
氏族 井伊氏(掃部頭家)
父母 井伊直中君田富
井伊直亮
兄弟 直清穠姫直亮、鋭三郎、亀五郎、知、中顕、充、秩、中川久教内藤政成、芳、松平勝権新野親良直元横地義之
内藤政優直弼内藤政義
井伊直致娘・綾
大岡宜周
[1]
テンプレートを表示

井伊 直元(いい なおもと)は、江戸時代後期の近江国彦根藩の世嗣。官位従四位下侍従玄蕃頭掃部頭左近衛権少将

生涯[編集]

文化6年(1809年)4月16日[2][3]、13代藩主・井伊直中の十一男として誕生。生母は側室のお富[3]

文政8年(1825年4月4日5月21日)に実子が無かった長兄で14代藩主・井伊直亮の養子となり[2][4]、文化8年12月16日1812年1月23日)に従四位下・侍従に叙任されて玄蕃頭と称した[4]天保4年(1833年12月21日1834年1月30日)には左近衛権少将となる[4]

しかし家督相続前の弘化3年(1846年)1月13日に江戸で病死した[5][4][6]。享年38。

代わって、井伊家に残留していた同母弟・直弼が養嗣子となり[7][6]、直亮の死後に彦根藩15代藩主となる。

脚注[編集]

  1. ^ 直元の娘で生母は大岡氏。戒名は俊操院殿知徳貞観大姉。天保9年4月3日1838年4月26日)出生するも4ヵ月後の8月21日10月9日)に早世。
  2. ^ a b 吉田 1963, p. 408.
  3. ^ a b 母利 2006, p. 13.
  4. ^ a b c d 吉田 1963, p. 409.
  5. ^ 吉田 1963, p. 78.
  6. ^ a b 母利 2006, p. 71.
  7. ^ 吉田 1963, p. 79.

参考文献[編集]

  • 吉田常吉 『井伊直弼』 吉川弘文館〈人物叢書〉、1963年。 
  • 母利美和 『井伊直弼』 吉川弘文館〈幕末維新の個性〉、2006年。