兵庫県道38号三木三田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
兵庫県道38号標識
兵庫県道38号 三木三田線
主要地方道 三木三田線
湯の山街道
起点 三木市本町1丁目
兵庫県道20号加古川三田線交点【地図
終点 三田市三輪
国道176号交点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0428.svg 国道428号
Japanese National Route Sign 0176.svg 国道176号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

兵庫県道38号三木三田線(ひょうごけんどう38ごう みきさんだせん)は、兵庫県三木市本町三田市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

起点付近
三木市本町1丁目
本道の標識
神戸市北区淡河町野瀬
単独区間の終了付近
神戸市北区道場町日下部

三木市[編集]

  • 三木市の中心部を起点とし、志染地区の田園地帯を縦断し、その田園地帯の間には志染バイパスが通過している。旧道は集落沿いで道路幅が狭く、大型車の通行が多いことから志染バイパスの整備が進められた。開通後は志染バイパスに交通が流れていき、交通量は減少した[1]

神戸市[編集]

三田市[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

志染バイパス[編集]

  • 三木市志染町窟屋から同市宿原までの区間である。旧道は集落沿いで道路幅が狭く、大型車の通行が多いことからバイパスの整備が進められ、1995年に起工し、志染町細目では和田村四合谷村ノ口付城跡の遺跡が見つかり、建設と並行して発掘調査が行われた[5]。 そして、2006年9月27日にのじぎく兵庫国体の開催前に供用を開始した。この事業により同区間の旧道は三木市道に降格となったが、元々重複区間だった兵庫県道513号三木環状線の単独路線になった区間もわずかながら存在する。バイパス開通後交通量が旧道から流れていたことから増加し、懸念し、安全対策が課題となっている[1]。その後、終点付近では2008年3月に神電恵美須駅前交差点の改良が完了した。

重複区間[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

バイパス
  • 兵庫県道38号三木三田線(三木市大塚・神電恵比須駅前交差点)
  • 兵庫県道513号三木環状線(三木市宿原・三木庁舎東交差点)
  • 兵庫県道514号志染土山線(三木市志染町吉田・吉田南交差点)
  • 兵庫県道83号平野三木線(三木市志染町窟屋・奥田橋東詰交差点)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 主要地方道 三木三田線志染バイパスの開通”. 兵庫県北播磨県民局. 2013年7月28日閲覧。
  2. ^ 平成18年度 志染地区市政懇談会”. 三木市. 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ 神戸市北区淡河町における公共交通の現状”. 神戸市. 2013年8月4日閲覧。
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  5. ^ ひょうごの遺跡第50号”. 兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所. 2013年7月29日閲覧。

関連項目[編集]