ヒルズ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
六本木ヒルズ森タワー

ヒルズ族(ヒルズぞく)とは、2000年代六本木ヒルズ森タワーに本社を置く企業群の代表者たち、また六本木ヒルズ内の住宅棟である高級マンションの六本木ヒルズレジデンスに住む住人を示していた。ITベンチャー投資ファンドの関係者が多く含まれていた。六本木ヒルズで働く人をもこう表現することがあった。

概要[編集]

住居棟である六本木ヒルズレジデンスには、著名人が数多く居住し、またオフィス棟である六本木ヒルズ森タワーには、ITベンチャー企業が相次いでオフィスを設けた。これらの企業の経営者たちは、若くして成功したこと等でマスコミなどに注目されるようになった。ヒルズはアントレプレナー(起業家)の聖地となり、各界の著名人が織りなすセレブ文化の発信地でもあった。

六本木ヒルズレジデンス[編集]

六本木ヒルズレジデンスB・C棟

六本木ヒルズを構成する住宅施設として、六本木ヒルズの開業と同じく2003年平成15年)4月に完成した集合住宅である。住宅建物には、地上43階・地下2階建てのツインタワーであるB棟、C棟を始め、A棟、D棟とゲートタワーがあり、総戸数は793戸となっている。デザインは主にG2デザインパートナーズによるGallery White、Gallery Walnut、コンラン & パートナーズが担当[1]

賃貸物件では1平米あたりの月額賃料相場が1万円程度と高額であり、ここに住む芸能人企業経営者らを「ヒルズ族」と呼んでもてはやす傾向もみられた[2]。一方、この地では再開発前約500世帯が暮らしていたことから、六本木ヒルズレジデンスの住戸のうち、約250戸は地権者が入居している[2]。また、完成時にはレジデンス4棟計793戸のうち、約4割が旧地権者の所有であった。

代表的な「ヒルズ族」[編集]

会社が森タワーにあった人物

脚注[編集]

  1. ^ 六本木ヒルズレジデンス C棟六本木ヒルズレジデンス賃貸情報。2014年2月26日閲覧
  2. ^ a b 浅原敬一郎 「六本木 ヒルズっ子の夕焼け小焼け」 『日経マガジン』(日本経済新聞) No.103 2011年11月

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]