八戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八戸(はちのへ、やえ、やと)

  • 日本人の姓。八戸地方に由来する。
    • 八戸氏 - 日本の氏族。
    • 八戸川 - 八戸川(ヤトカワ)は、島根県西部の中国山地に源を発し、北流して江の川と合流し日本海に注ぐ、流路延長約30km、流域面積303km2の河川です。八戸は、谷の入口に当る水田を開くのに便利なところの意。
    • 八戸ダム - 八戸川第二発電所は、八戸ダム直下において昭和51年4月に運転開始した発電所で、八戸ダムの常時満水位からの最大有効落差30mを利用して、最大使用水量10.0m3/s、最大出力2,500kWの発電をしています。
    • 八戸村 - 滋賀県最北端に存在した村。1889年(明治22年)4月1日 – 町村制の施行により、坂口村、下余呉村、中之郷村、川並村、八戸村の区域をもって余呉村が発足。その余呉村も2010年1月1日、東浅井郡と伊香郡の他5町とともに滋賀県長浜市へ編入された。
    • 八戸太郎 - 竹内文書の記述、「イスキリス・クリスマス(イエス・キリストとされる)の遺言」に登場する天空神。「イスキリス・クリスマス。福の神。八戸太郎天空神。五色人へ遣わし文」で文章は始まる。青森県戸来村にはキリストの墓があり、八の太郎大蛇伝説(はちのたろうだいじゃでんせつ)として北東北各地に伝説があり、十和田湖では青龍大権現として祀られている。マリアの存在は田沢湖の辰子、秋田の聖母マリア等があり、秋田の聖母マリアは1988年にバチカン(教皇庁)の教理聖省長官のラッツィンガー枢機卿(後の教皇ベネディクト16世)によって正式に受理されている。

関連項目[編集]