佐賀入院患者射殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐賀入院患者射殺事件(さがにゅういんかんじゃさつがいじけん)とは、2007年11月8日佐賀県武雄市で、整形外科に入院中の男性が暴力団の組員に射殺された事件。一般市民が暴力団抗争に巻き込まれ、人違いで殺害された。

経緯[編集]

2007年11月8日午前7時40分ごろ、佐賀県武雄市の整形外科の2階個室に入院していた板金業の男性(当時34歳)が、指定暴力団道仁会福岡県久留米市)系の組員の男(当時61歳)に拳銃で撃たれ、間もなく死亡した。その後、組員の男は白いセダンで逃走した。

被害者は、10月上旬にラグビーの試合でアキレス腱を断裂し、入院していた。その後は順調に回復し、退院を目前にしていた。

11月25日、組員の男が福岡県大野城市銃刀法違反の疑いで逮捕された[1]。組員の男は、共犯として逮捕された女(当時44歳)と共に事件を計画したが、誤情報により、被害者の病室に以前入院していた九州誠道会関係者と間違えて射殺したこと、道仁会会長殺害に対しての報復として実行したことを自供している。

佐賀・福岡・熊本の3県では2006年から、道仁会の分裂に伴い、互いの幹部が射殺されるなど抗争が激化しており、これに巻き込まれたものと思われる。この事件を受けて、九州誠道会の関係者が遺族へ謝罪及び抗争終結に関する文書を提出している[2]

裁判[編集]

2008年6月10日、組員の男の初公判佐賀地方裁判所で開かれ、「無防備の入院患者に、問答無用で発砲した残忍、冷酷な犯行」として懲役24年(求刑無期懲役)が言い渡された[3]

検察・弁護側双方が量刑不当と控訴、弁護側は遺族と被告である組員の男との間で示談が成立している点、組員の男が、がん余命1年と診断された点で減刑を求めたが、2009年2月3日福岡高等裁判所で「善良な市民を殺害したという殺人事件のなかでも極めて悪質であり、被告が『人違いをしたとは認識しておらず、今でも(被害者が)暴力団関係者であると思っている』と主張するなど、到底反省しているとは思えない」として1審判決を破棄し求刑通り無期懲役が言い渡された[4]。その後、最高裁2010年3月10日上告棄却したことから無期判決は確定している[5]

脚注[編集]

  1. ^ 入院患者射殺で逮捕へ 福岡で警官に発砲の男 47NEWS 2007年11月25日
  2. ^ 患者射殺事件で組関係者が遺族に謝罪 佐賀新聞ニュース 2008年3月21日
  3. ^ 入院患者射殺で懲役24年 佐賀地裁 47NEWS 2008年6月10日
  4. ^ 武雄入院患者射殺 2審は無期懲役 佐賀新聞ニュース 2009年2月4日
  5. ^ 武雄入院患者射殺事件、被告の無期懲役確定へ 佐賀新聞ニュース 2010年3月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]