九州誠道会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九州誠道会
九州誠道会.png
設立 2006年
設立者 村神長二郎(朴植晩)[1]
本部 〒836-0866
福岡県大牟田市上官町2-4-2[2]
首領 浪川政浩(朴政浩)[2]
活動範囲 1都5県
構成員数
(推定)
約250人[2](2014年末、準構成員含む。)
主な活動 ドラッグ取引や闇金融

九州誠道会(きゅうしゅうせいどうかい[3]、単に“誠道会”とも[4])は、日本福岡県に本部を置く暴力団[5]指定暴力団[6]。福岡県南部の大牟田市に本部を置き、東京都を含む1都5県に展開している[7]。2013年に九州誠道会は解散を宣言したが、後進団体である浪川睦会(なみかわむつみかい)は同一団体とみなされており、引き続き指定暴力団の適用下に置かれている。

設立のときから爆弾自動火器などの武器類を多用した極めて激しい武装抗争をもって知られてきた組織で、その相手はかつての上部団体にあたる道仁会[8]

2000年代中盤頃に勃興したその武力紛争の過程において、九州誠道会は非武装の民間人を含む数多の死傷者を生み出す事件の当事者となってきた[9]。そうしたことから九州誠道会は、その設立から2年目にあたる2008年に、暴力団対策法に基づく指定暴力団への登録を受けた[10]

2012年より、改正暴対法に基づく“特定抗争指定暴力団”に認定された。[11]。道仁会との抗争を経て2013年に解散を宣言。後進の「浪川睦会」は同一団体として2014年6月まで適用下に置かれた。

来歴[編集]

道仁会第二代会長の松尾誠次郎が2006年をもって引退。これに伴う後任人事案を巡って組織内に亀裂が走り、続けて傘下松尾組の組長であった大中義久の次代会長への就任が決定すると、最大規模の傘下組織であった村上一家ならびにその他数組織が強硬に反発。これを受けて道仁会は村上一家の総長すなわち村神長二郎らを絶縁処分としたが、すかさず道仁会を離脱した村上一家ほか数組織が同年6月に新たな団体を結成。これが九州誠道会の起こりであった。[12] そのまま抗争に突入し、翌2007年の8月18日、福岡市中央区黒門の路上で大中義久を襲撃したうえで射殺。それを境に抗争は一気に激化した。[13]

2007年の11月には佐賀県武雄市の医院で無関係の市民が誠道会関係者と誤認され射殺される事件(佐賀入院患者射殺事件)が発生[14]。翌2008年の2月に指定暴力団への登録を受理[15]。3月には道仁会とのこの抗争の終結を願う意思を捜査当局に伝えていたことが判明[16]。誠道会二代目会長と誠道会系永石組組長を名乗る2名が武雄の件の被害者遺族宅を訪れたうえで、謝罪の意を伝えるとともに、抗争終結の意向を記した会長名義の文書を手渡していたことも判明した[17]。やがて村神の引退に伴い、時の幹部であった浪川政浩が4月に二代目の会長に就任[14]

2009年の夏頃には、この抗争に係る死者を弔うという名目の忠魂碑を誠道会が建立したことが確認された。大牟田市内の民間墓地に建てられたこの碑は、誠道会側のそれのみならず、道仁会側の死者の名前も刻んでいた。しかしながらこの碑は2011年の1月までに何者かの手によって撤去されたことが確認された。撤去した人物や撤去先は不明となっている。[18]

しばらくは鳴りを潜めていた道仁会との抗争であったが、2011年に再燃した[19][20]

2012年10月に改正暴対法が施行され、道仁会とともに同年12月に特定抗争指定暴力団に指定された[21]

2013年6月11日、福岡県警久留米署に対し、解散届を提出した[21]。提出した解散届には「解散することが一般社会の不安を取り除く唯一の手段で、九州誠道会の解散を決定」などと書かれていた[22]

2013年10月、浪川を会長とする新団体・「浪川睦会」が設立された。福岡県公安委員会は構成員が九州誠道会とほぼ同一であるとして、九州誠道会に対する特定抗争指定暴力団の指定を浪川睦会に承継する決定を行った[23]。特定抗争指定暴力団への指定は当初の2012年12月の指定から九州誠道会時代・浪川睦会時代を合わせて5回延長されたが、その後抗争が沈静化したため、2014年6月26日をもって解除された[24]

情勢[編集]

勢力等[編集]

工藤会太州会福博会および道仁会と並ぶ、福岡県に本部を置く独立指定暴力団組織5団体のうちの一つである[5]佐賀県長崎県熊本県山形県[25]、および東京都に支部を置き[7]、その人員規模のおおよその内訳は、2007年度から2009年度にかけて350(警察庁[26]、2010年度から2011年度にかけて380(警察庁)[27]、2011年暮れ頃に500(福岡県警[28]と報告されている。その資金源には覚醒剤の密売、債権の取り立て、ならびに高利無資格貸金業などが含まれるものと見られている[29]

他団体関係[編集]

道仁会とは発足以来の対立状態を維持している[30]。いわゆる抗争事件の発生頻度は、2007年の暮れに起こった武雄の人違い射殺事件後にいったんの沈静を見せたものの、2011年に入って再燃[19]。所属構成員らを当事者とする銃撃や発砲死傷などの事件が再び相次ぐようになった[30]

発足当初に山口組系暴力団勢力との親交関係の存在が示唆されたことがあった。これは道仁会からの攻撃を想定し警戒態勢に入った山口組による神戸総本部へのID認証機構の導入(2006年)という異例の措置の原因であったと見られている[31]。のちには山口組系山健組ならびに弘道会との親交関係の存在が示唆されもした[32]。その山口組はこの対立抗争の和平工作にいち早く動いた団体であったが、それを道仁会側から拒絶されて以降、この対立抗争への関与の一切を厳禁するに至っている[33]

一連の抗争事件の過程で使用が確認された武器類には、日本国内にあっては発見例のなかった改良型AK-47カラシニコフ自動小銃と見られた新型銃が含まれる。この事案に関しては、捜査当局は兼ねてより誠道会―わけても村上一家のいわゆるロシアンマフィアとの繋がりを把握してはいたものの、より進んだ入手経路等の解明までには至らなかった。[34] 〔写真はAKM〕

工藤会の名誉顧問であった溝下秀男が2008年に死去した際には、同業界すなわち暴力団界の大物陣が日本中から葬儀に駆けつけたが、九州誠道会はこれに出席しなかった。この葬儀に姿を見せなかった指定暴力団組織は九州誠道会のみであった[35]

代表者歴代[編集]

初代会長の村神は指名手配中の2008年―覚せい剤取締法違反の疑いで潜伏中の茨城県内で逮捕されている[36]。浪川が二代目を襲名したのはその直後のことであった[14]。その浪川については突出した実力者であるとの評がある[32]

村神は引退後の2009年にも拳銃所持の現行犯から逮捕[37]。さらにはその翌2010年からも自身の関係先の民家を何者かによる相次ぐ銃撃に襲われ、その痕跡の隠蔽を図ったとする証拠隠滅の容疑から逮捕されるに至っている[38]

現幹部陣[編集]

  • 会長 - 浪川政浩こと朴政浩
  • 会長代行 - 永石秀三(永石組組長)
  • 副会長 - 上村隆幸[39] ― 2012年4月8日、福岡市内のマンション前で頭部に銃撃を受け意識不明の重体へ。[40] 県警は道仁会との抗争によるものと見て捜査。[41]
  • 最高相談役 - 坂口功
  • 理事長 - 高柳弘之(高柳組組長)
  • 本部長 - 梅木一馬(五代目村上一家総長)
  • 幹事長 - 佐村政実
  • 会長補佐 - 藤村英市(藤村組組長)
  • 副理事長 - 宮本勝(浪勝総業組長)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『九州誠道会会長、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕 警視庁』 2008年4月8日 産経新聞
  2. ^ a b c 『平成26年の暴力団情勢:図表3-1 指定暴力団一覧表(21団体)』 (PDF) 2015年3月 警察庁
  3. ^ 『Police of Japan 2011, Criminal Investigation : 2. Fight Against Organized Crime』 (PDF) 2009年 警察庁 (英語) ― p.21 『キューシュー・セイドーカイ(Kyushu Seido-kai)
  4. ^ 『誠道会ナンバー2狙った犯行か 佐賀の病院発砲死傷』 2011年4月7日 産経新聞
  5. ^ a b "Police of Japan 2011, Criminal Investigation : 2. Fight Against Organized Crime" (PDF) , December 2009, National Police Agency (英語)
  6. ^ 『九州誠道会本部など3カ所捜索 20日夜の爆発物事件』 2012年12月22日 47NEWS共同通信
  7. ^ a b "Boryokudan Situation in 2010" (PDF) , April 2011, 警察庁
  8. ^ "Gangster tied to slaying in Saga hospital arrested", 26 November 2007, The Japan Times (英語)
  9. ^ "Firing on a car belonging to a Dojin-kai insider, possibly from a conflict with the Seido-kai", 30 March 2011, Yomiuri Shimbun
  10. ^ "National Police Agency searches the Kyushu Seidokai's office, for blackmail among others", 31 October 2008, Sankei Shimbun
  11. ^ 『3暴力団「特定指定」に決定=道仁会、九州誠道会、工藤会—福岡県公安委』 2012年12月20日 ウォールストリートジャーナル
  12. ^ 『武雄病院射殺事件:事件の経緯』 (1/2) 2008年3月17日 佐賀新聞
  13. ^ 『暴力団抗争と武雄事件』 2009年2月4日 西日本新聞
  14. ^ a b c 『火炎瓶放火?:九州誠道会系事務所焼く 会長継承に関係か』 2008年4月14日 毎日新聞
  15. ^ "Boryokudan Situation in 2007" (PDF) , April 2008, National Police Agency
  16. ^ 『九州誠道会vs道仁会「抗争終結したい」』 2008年3月19日 産経新聞
  17. ^ 『九州誠道会関係者が遺族に謝罪』 2008年3月20日 佐賀新聞
  18. ^ 『福岡県公安委員会活動状況』 (P.2-3) (PDF) 2011年1月20日 福岡県公安委員会 および 『誠道会の忠魂碑撤去』 2011年1月18日 読売新聞
  19. ^ a b 『暴力団抗争、県内死者3人 報復連鎖の「非常事態」』 2011年9月22日 佐賀新聞
  20. ^ 『路上に手投げ弾? 大牟田の誠道会系事務所前』 2011年4月15日 読売新聞
  21. ^ a b 暴力団:道仁会と九州誠道会が抗争終結宣言 福岡”. 毎日新聞 (2013年6月11日). 2013年6月11日閲覧。
  22. ^ 道仁会と誠道会 抗争終結か(福岡県)”. 日テレNEWS24 (2013年6月11日). 2013年6月11日閲覧。
  23. ^ 九州誠道会:「浪川睦会」に名称変更 福岡県公安委員会(毎日新聞、2013年11月28日)
  24. ^ 特定抗争指定解除、道仁会と浪川睦会 読売オンライン 2014年6月27日付
  25. ^ "Kyushu Seido-kai as a shitei boryokudan, The Fukuoka Prefectural Public Safety Commission started the procedures", 27 December 2007, Chiba Nippo
  26. ^ 『平成19年の暴力団情勢:指定暴力団の指定の状況』 (p.26) (PDF) 2008年4月 警察庁『平成20年の暴力団情勢:指定暴力団の指定の状況』 (p.27) (PDF) 2009年4月 警察庁『平成21年の暴力団情勢:指定暴力団の指定の状況』 (p.28) (PDF) 2010年4月 警察庁
  27. ^ 『平成22年の暴力団情勢:指定暴力団一覧表』 (p.27) (PDF) 2011年4月 警察庁『平成23年上半期の暴力団情勢:指定暴力団の状況』 (p.24) (PDF) 2011年9月 警察庁
  28. ^ 『3暴力団を初の「特定」指定 福岡など5県、摘発強化へ』 2012年12月27日 47NEWS共同通信
  29. ^ "Kyushu Seido-kai as a shitei boryokudan, The Fukuoka Prefectural Public Safety Commission started the procedures", 27 December 2007, 47NEWS, Kyodo
  30. ^ a b 『平成23年上半期の暴力団情勢:道仁会と九州誠道会との対立抗争再燃と拡大防止対策』 (p.23) (PDF) 2011年9月 警察庁
  31. ^ 『山口組幹部に組員証』 2006年7月23日 スポーツ報知 および 『山口組が幹部に「組員証」 九州の抗争を警戒?』 2006年7月22日 47NEWS共同通信
  32. ^ a b 『殲滅作戦(警察庁長官が大号令)で高まる山口組 内部抗争の危険性』 2010年12月19日 溝口敦 現代ビジネス
  33. ^ 『山口組幕府論:幕藩体制の構築』 2007年12月17日 猪野健治
  34. ^ カラシニコフ改良の新型銃か、道仁会事件で福岡県警押収リンク有効期限切れ (http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_06052721.htm) 2006年5月27日 読売新聞
  35. ^ 六代目山口組完全データBOOK 2008年版 : 『四代目工藤會 溝下秀男名誉顧問葬儀』 (p.192–197) 2009年2月1日 メディアックス ISBN 978-4-86201-358-3
  36. ^ 『指名手配中の九州誠道会会長を逮捕 覚せい剤使用容疑』 2008年4月8日 朝日新聞
  37. ^ 拳銃所持の九州誠道会元会長ら送検リンク有効期限切れ (http://www.news24.jp/nnn/news8641039.html) 2009年2月5日 NNNニュース
  38. ^ 『発砲事件で九州誠道会系組長逮捕=内部トラブル原因か-福岡県警』 2011年5月24日 時事ドットコム ならびに続報―『九州誠道会系組長を不起訴=発砲容疑で逮捕、嫌疑不十分-福岡地検』 2011年6月14日 時事ドットコム および 『九州誠道会元会長ら逮捕、発砲巡る証拠隠滅容疑リンク有効期限切れ (http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819891E2EAE2E3838DE2EAE3E0E0E2E3E293918BE2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000) 2010年12月9日 日本経済新聞
  39. ^ 『誠道会副会長銃撃、動向調べ待ち伏せか』 2012年4月10日 読売新聞
  40. ^ 『誠道会幹部が頭を撃たれ重体 福岡』 2012年4月8日 朝日新聞
  41. ^ 『福岡で誠道会幹部、また撃たれる…頭部を拳銃で』 2012年4月9日 読売新聞

関連項目[編集]