佐藤藤三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤藤三郎(さとう とうざぶろう、1935年(昭和10年)10月26日 - )は、日本の農家、農業問題評論家著作家詩人無着成恭の『山びこ学校』の卒業生[1]。 上山市の青年学級主事、教育委員農業協同組合理事などを務める[2]

来歴[編集]

山形県上山市(旧山元村)出身。山元村立山元中学校在学時に無着成恭の教えをうけ、1951年、文集『山びこ学校』に生活記録がのる。山形県立上山農業高等学校定時制に在学中に農民詩を発表。以後、農業のかたわら著作活動を続けている。木村迪夫に影響を与え、詩の道へ進ませるきっかけを作った。

著書[編集]

  • 『25歳になりました』(百合出版、1960年
  • 『村に残ったぼくらの抱負』(共著、明治図書、1965年)
  • 『実感的農業論』(家の光協会1970年
  • 『根に挑む:佐藤藤三郎と金一治の日記』(金一治共著、たいまつ社、1970年)
  • 『底流からの証言:日本を考える』(筑摩書房、1970年)
  • 『村からの視角:狸森から物情騒然の都会を望む』(ダイヤモンド社1973年
  • 『中国を歩き日本を考える』(筑摩書房、1974年
  • 『下からの創造論:新しい生きがいの探求』(小林茂森本哲郎共著、昌平社、1974年)
  • 『農家のくらし:北国にいきる人びと』(ポプラ社、1977年
  • 『どろんこの青春:農村・狸森から若者へ』(ポプラ社1979年ISBN 4591013960
  • 『まぼろしの村』(全5巻、晩声社1981年
  • 『私が農業をやめない理由』(ダイヤモンド社、1993年ISBN 4478940959
  • 『村に、居る:新しい文化を創る』(ダイヤモンド社、1996年ISBN 4478941262
  • 『三〇人の「大」百姓宣言:農の時代をつくる主役たち』(星寛治・山下惣一共著、ダイヤモンド社、1997年ISBN 4478941343
  • 『愉快な百姓:藤三郎の農業日記』(晩聲社、1997年9月、ISBN 4891882743
  • 『山びこの村:だから私は農をやめない』(ダイヤモンド社、2000年ISBN 4478941858
  • 『山びこ学校ものがたり:あの頃、こんな教育があった』(清流出版2004年3月、ISBN 4-86029-068-2
  • 『ずぶんのあだまで考えろ:私が「山びこ学校」で学んだこと』(本の泉社、2012年12月、ISBN 4780706734

脚注[編集]