佐藤理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 理(さとう おさむ、1960年4月14日-)は、日本のマルチメディアアーティスト、ゲームデザイナー作曲家。有限会社アウトサイド・ディレクターズ・カンパニー代表取締役社長。京都工芸繊維大学嵯峨美術短期大学卒業。

略歴[編集]

京都府京都市に生まれる。

京都工芸繊維大学嵯峨美術短期大学を卒業。モス・アドバタイジング(現:モスデザイン研究所)に所属した後、1988年にオサム・サトウ・デザイン室(のちに有限会社アウトサイド・ディレクターズ・カンパニーに改称)を設立し、グラフィックデザインや展覧会の企画、ウェブデザインなど、メディアを問わない様々な作品を手がける。また、ゲームデザインや広告制作なども手がけている。

1993年ソニー・ミュージックエンタテインメントが主催するデジタル・エンタテインメント・プログラムの作品部門・人物部門で最優秀賞を受賞。翌年の1994年には、マッキントッシュゲームソフト「東脳」をリリースし、デジタル・エンタテインメント・プログラムで作品部門最優秀賞を受賞。また同年、「東脳」使用曲などを収録した音楽CD「TRANSMIGRATION」をリリース。

1998年にはプレイステーションゲームソフトLSD」をプロデュース。当作品は1990年代初頭からAmigaMacintosh等を起点として始まったマルチメディアの流行に即して制作され、メディア・アート的な色合いが強い作品となっている。初代PlayStation用ゲームの中では極めて異彩を放っており、内容の不可解さから現在までカルト的な人気を維持し続けている。その他にもプレイステーション用ゲームソフトのプロデュースを手がけている。

弟に陶芸家の佐藤巧がいる。

作品[編集]

音楽[編集]

CD-ROM[編集]

プレイステーション用ソフト[編集]

作品集、著作[編集]

  • The Alphabetical Orgasm(1991年、ティエラルト・ブックス)
  • Alphabetical Animals(1992年、トムズボックス)
  • Compu Design -カタチの発想法(1993年、グラフィック社)

外部リンク[編集]