佐藤孝二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤孝二
人物情報
生誕 (1900-01-17) 1900年1月17日
大分県
死没 (1972-02-02) 1972年2月2日(72歳没)
肺梗塞
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 建築音響工学
騒音
研究機関 東京帝国大学
小林理学研究所
学習院大学
学位 理学博士
主な業績 日本初の無響室の完成
残響室吸音率測定法の確立
遮音測定法の確立
学会 日本音響学会
テンプレートを表示

佐藤 孝二(さとう こうじ、1900年明治33年)1月17日 - 1972年昭和47年)2月2日)は、日本物理学者[1]。専門は建築音響工学および騒音。また、実業家でもあり、補聴器メーカー・リオンを創始した。

略歴[編集]

1900年1月17日、大分県生まれ[2]1925年3月、東京帝国大学理学部物理学科卒業。1929年2月、同大学助教授。同年5月、理学博士1941年8月、東京帝国大学教授1948年12月、小林理学研究所理事長。1949年5月、学習院大学教授・理学部長。1960年4月、東京大学教授を停年退職、同大学名誉教授1960年5月、リオン取締役会長。同年11月、東京都都市公害対策審議会委員。1970年11月、紫綬褒章を受章。1971年4月、勲二等瑞宝章受章。1972年2月2日、72歳で死去。従三位に叙せられた。

1951年5月から1957年まで、日本音響学会会長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 実吉純一「元会長 佐藤孝二先生の死を悼む」、『日本音響学会誌』第28巻第5号、1972年5月1日、 223–224、 doi:10.20697/jasj.28.5_223
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus