佐藤健寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 佐藤 健寿
本名 佐藤 健寿
生年月日 1978年(38–39歳)[1]
言語 日本語
最終学歴 武蔵野美術大学映像学科卒業[1][2]
使用カメラ ライカMP[3]、ライカSL[3]プラウベル マキナ[3]
テンプレートを表示

佐藤 健寿(さとう けんじ、1978年 - )[1]は、日本写真家

代表作に世界の珍奇な建築物や場所を撮影した写真集『奇界遺産』(エクスナレッジ[4]、『奇界遺産2』(エクスナレッジ)]])[5]。ほか著書にヒマラヤイエティ南米のUFO伝説を現地取材した『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』(河出書房新社) 、『ヒマラヤに雪男を探す』(河出書房新社) 、世界の廃墟写真を集成した写真集『世界の廃墟』(飛鳥新社)を監修・解説。

作品[編集]

写真集[編集]

エッセイ[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐藤健寿. Vol.171 佐藤 健寿. インタビュアー:泉彩子. 就職ジャーナル.. http://journal.rikunabi.com/p/worker/job/20613.html 2017年5月13日閲覧。 
  2. ^ 佐藤健寿. オトガタリ Vol.2 佐藤健寿. インタビュアー:ジョージ・ウィリアムズ. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/otogatari02 2017年5月13日閲覧。 
  3. ^ a b c 佐藤健寿. たまには旅の話でも. (インタビュー). SHIPS MAG.. http://www.shipsmag.jp/2016spring/article/233 2017年5月13日閲覧。 
  4. ^ 佐藤健寿. 「行くと必ず呪われる島」「洞窟にある村」 “異常と普通”の概念が揺らぐ写真集『奇界遺産』. インタビュアー:樫原叔子. ハピズム.. http://happism.cyzowoman.com/2013/03/post_2035.html 2017年5月13日閲覧。 
  5. ^ 佐藤健寿. 人間がやってきたことはすべて“変”なんじゃないか?―『奇界遺産2』佐藤健寿インタビュー 圧倒的写真と秘話. (インタビュー). トカナ.. http://tocana.jp/2014/05/post_4112_entry.html 2017年5月13日閲覧。 

外部リンク[編集]