佐原三菱館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐原三菱館
佐原三菱館ドーム
三菱館内部の回廊と窓

佐原三菱館(さわらみつびしかん)は千葉県香取市佐原イにある歴史的建造物。1914年(大正3年)に建てられた煉瓦造の旧三菱銀行の建物。千葉県有形文化財に指定されている。

概要[編集]

佐原三菱館は、明治の洋風煉瓦造建築の様式を受け継いだもので、外観はルネサンス建築様式、屋根は木骨銅板葺き、正面右にドームを配している。 内部は吹き抜けで、2階の周囲に回廊がある。窓や出入り口には上部巻上げ式のよろい戸、鉄製のサッシが残っている。 建築当時の図面にはこのほか、カウンター奥の壁中央に大理石張りの暖炉、南東隅には二階への螺旋階段があった。 佐原の町並みの中では、その特徴的外観からシンボル的な存在の建物である。

歴史[編集]

  • 1880年(明治13年)川崎銀行が佐原出張所を開業。
  • 1898年(明治31年)川崎銀行佐原支店となる。
  • 1914年(大正3年)現在の佐原三菱館の建物が建築される。設計・施工は清水満之助商店(現清水建設)。
  • 1943年(昭和18年)三菱銀行と合併し、三菱銀行佐原支店となる。
  • 1989年(平成元年)三菱銀行佐原支店の新店舗の完成により旧本館は佐原市に寄贈。
  • 1991年(平成3年)2月15日「三菱銀行佐原支店旧本館」として、千葉県の有形文化財(建造物)に指定される。
  • 1996年(平成8年)佐原三菱館を含む小野川・香取街道沿いの町並みが「佐原市佐原伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定される。(保存地区名は後に「香取市佐原伝統的建造物群保存地区」と改称。)

交通アクセス[編集]

座標: 北緯35度53分18.5秒 東経140度29分56.2秒