佐々木芽生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ささき めぐみ
佐々木 芽生
佐々木 芽生
生年月日 1962年
出生地 北海道札幌市
職業 映画監督
活動期間 2008年 -
活動内容 ドキュメンタリー映画監督 , プロデューサー[1]
公式サイト 公式ウェブサイト
備考
ハンプトン国際映画祭:最優秀ドキュメンタリー作品賞
Tokyo Docs 2015:最優秀企画賞[2]

佐々木 芽生(ささき めぐみ、1962年 - )は、ニューヨークを拠点に活動する日本人の映画監督

来歴[編集]

1962年生まれ[3]北海道札幌市出身[3]北海道札幌南高等学校青山学院大学文学部仏文科を卒業[3]東北新社勤務を経て1987年に渡米し[3]、それ以来ニューヨーク州に在住[4]ベルリンの壁崩壊をきっかけに単独で東欧に渡り、「Yomiuri America」にてルポを連載[5]1992年よりNHKニューヨーク総局にて「おはよう日本」キャスターや、1994年から「ワールド・ナウ」リポーターを務めた[5][1]1996年より独立してテレビドキュメンタリー制作に携わる[3]。テレビ番組の制作に世界40ヶ国以上を飛び回った[4]2002年、佐々木自身の独立プロダクション「Fine Line Media」を創設[4]2008年、ニューヨークでアート収集を趣味とする老夫婦を取材した初の監督作『Herb & Dorothy』を公開し、ハンプトン国際映画祭英語版最優秀ドキュメンタリー作品賞[3]をはじめ、各地の映画祭で賞を受けた[4]2014年3月からNHKワールドの『ART TIME-TRAVELER』のリポーターを行う[1]

映像作品[編集]

2010年
ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
2012年
ハーブアンドドロシー ふたりからの贈りもの
公開予定
ふたつのクジラの物語(邦題名・仮)[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c クジラを巡る世界的論争描く、日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画”. A-port(朝日新聞社のクラウドファンディングサイト). 朝日新聞社. 2015年11月19日閲覧。
  2. ^ a b “「クジラ映画」佐々木芽生さん 国際ドキュメンタリー祭最優秀企画賞受賞 「ザ・コーヴ」への疑問がきっかけ”. 産経ニュース (産経新聞社): p. 1. (2015年11月3日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151103/ent1511030009-n1.html 2015年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “No90 佐々木芽生/Sasaki Megumi -突破する力-”. 朝日新聞GLOBE (朝日新聞社): p. 1. http://globe.asahi.com/breakthrough/2012101800002.html 2015年11月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d Miki Matsumoto (2013年1月1日). “PEOPLE - 佐々木芽生”. SHIFT 日本語版. Shift Japan.. 2015年11月19日閲覧。
  5. ^ a b 島地勝彦 (2013年7月10日). “佐々木芽生 第2回 「コジロウの死後、わたしを一人にさせられないと真剣に悩んでいた猫のムサシ」”. Nespresso Break Time @Cafe de Shimaji : 倶楽部SHIMAJI. 現代ビジネス(講談社). 2015年11月19日閲覧。

参考資料[編集]

  • ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人 パンフレット
  • ハーブアンドドロシー ふたりからのおくりもの パンフレット

外部リンク[編集]