佐々木元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 元(ささき はじめ、1936年4月6日 - )は、日本の実業家である。

人物[編集]

1936年4月6日愛知県名古屋市で出生。父は佐々木直(第22代日本銀行総裁)で、父が日本銀行名古屋支店勤務の時に出生し、2歳まで名古屋で過ごした。祖父は佐々木藤太郎朝鮮総督府官僚)。

東京都杉並区立第七小学校から、中高一貫校の成蹊中学校・高等学校へ進学し、卒業。

1959年東京大学工学部電気工学科卒業後、東京大学大学院数物系研究科で修士課程修了。

1961年4月日本電気に入社し、1999年に代表取締役会長となる。

2000年から日本プラントメンテナンス協会会長[1]

2002年から日本工学教育協会会長[2]

2008年6月から取締役会長となる。2009年6月に取締役会長を退任、特別顧問となる。

2007年から情報処理学会の会長を務めている。

[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「沿革」公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会
  2. ^ 「歴代会長情報」日本工学教育協会

外部リンク[編集]

先代:
萩原晴二
日本プラントメンテナンス協会会長
2000年 - 2008年
次代:
磯谷智生
先代:
吉川弘之
日本工学教育協会会長
2002年 - 2006年
次代:
小嶋勝衛