伊関友伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊関 友伸(いせき ともとし、1961年 - )は、日本行政学者城西大学経営学部教授。特定非営利活動法人ハンズオン埼玉監事。東京都出身。

人物[編集]

2006年8月から2007年3月まで、北海道夕張市の医療再生アドバイザーとして、夕張医療センター設立に携わった。兵庫県丹波市の「県立柏原病院の小児科を守る会」の活動の支援も行っている。地域医療・自治体病院の経営を中心に議論する「伊関友伸のブログ」を運営、精力的に講演会活動等も行っている。

略歴[編集]

東京都立大学 (1949-2011)法学部法律学科卒業。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。1987年埼玉県入庁(県民部県民総務課調査係)、北埼玉郡大利根町企画財政課長(県派遣)、総合政策部計画調整課主査(計画フレーム担当)、健康福祉部社会福祉課地域福祉担当主査、県立精神医療センター・精神保健福祉センター総務職員担当主幹、2004年城西大学経営学部マネジメント総合学科助教授。

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]