伊藤賢一 (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 賢一(いとう けんいち、1965年8月 - )は、日本社会学者群馬大学社会情報学部准教授山形県新庄市出身。専門は社会学[1]

来歴・人物[編集]

趣味は油彩画、料理、お菓子作り、編物、「カスピ海ヨーグルト」の培養、スイミング。

専門分野[編集]

社会学

  • ハーバマスを中心とした社会理論・規範理論の探究
  • 青少年のインターネット利用問題

研究テーマ[編集]

  • ハーバマスを中心としたフランクフルト学派の社会理論に関する学説研究
  • 情報社会における公共圏を作りだす可能性に関する研究
  • 社会の個人化・私化を促すメカニズムに関する理論的探究

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 米村千代・数土直紀(編)『社会学を問う ― 規範・理論・実証の緊張関係』(第3章担当、勁草書房、2012年)
  • 豊泉周治・鈴木宗徳・伊藤賢一・出口剛司著『〈私〉をひらく社会学 ― 若者のための社会学入門(シリーズ 大学生の学びをつくる)』(5章・9章・11章担当、大月書店、2014年)
  • 西垣通,伊藤守(編)『よくわかる社会情報学(やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)』(VI章8担当、ミネルヴァ書房、2015年)

翻訳[編集]

  • スチュアート・シム(編)『ポストモダニズムとは何か』(共訳、松柏社、2002年)
  • スチュアート・シム(編)『現代文学・文化理論家事典』(共訳、松柏社、1999年)

所属学会[編集]

  • 日本社会学史学会
  • 日本社会学会
  • 関東社会学会
  • 社会情報学会
  • 日本社会学理論学会

脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介 伊藤 賢一 (いとう・けんいち)准教授”. 群馬大学社会情報学部. 2012年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]