数土直紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数土 直紀(すど なおき、1965年11月3日[1] - )は、日本の社会学者学習院大学教授。

メキシコ生まれ。1989年東京大学文学部社会学科卒、1993年同大学院博士課程単位取得満期退学、1994年信州大学講師、1995年助教授、1998年学習院大学法学部助教授、2001年教授。1995年「社会理論における「自由」と「社会」の原理的関係 -自由の社会理論の試み」で東大社会学博士数理社会学専攻。

著書[編集]

  • 自由の社会理論 多賀出版 2000.2
  • 理解できない他者と理解されない自己 寛容の社会理論 勁草書房 2001.3
  • 自由という服従 2005.1 (光文社新書)
  • 数理社会学入門 今田高俊共編著 勁草書房, 2005.2
  • 階層意識のダイナミクス なぜ、それは現実からずれるのか 勁草書房 2009.1
  • 日本人の階層意識 2010.7 (講談社選書メチエ)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.324