伊吹和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊吹 和子(いぶき かずこ、1929年3月19日2015年12月16日[1])は、日本の編集者エッセイスト

経歴[編集]

京都市呉服屋に生まれる。女学校卒業後、京都大学国文学研究室に嘱託として勤務。

1953年より、澤瀉久孝らの推薦で谷崎潤一郎の助手となり、『谷崎潤一郎訳源氏物語』の改訳の手伝いをし、他にも病により執筆に支障が出た谷崎のために、谷崎作品あるいは書簡の代筆を行った。1958年から1年間光華女子学園の学園長秘書を務めた後に、谷崎の許に戻り、1959年中央公論社社員となって谷崎の助手を続け、1961年からは川端康成担当編集者となる。

1984年定年退職後、谷崎の思い出を連載し、『われよりほかに』として1994年上梓、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した[2]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:伊吹和子さん「読売新聞」
  2. ^ 『われよりほかに』講談社文芸文庫著者紹介