仲津正朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仲津 正朗(なかつ まさあき、1977年 - )は、日本実業家Orb共同創業者で、同社代表取締役CEOや、日本ブロックチェーン協会理事を経て、沖縄科学技術大学院大学アントレプレナー・イン・レジデンス。

人物・来歴[編集]

祖父は金属製の笛などを製作していた大阪の仲津製作所創業者。国土庁審議官東京電力顧問などを務めた官僚[1][2][3][4]。2000年亜細亜大学経済学部卒業[5]。大学では金融論を学び[2]貨幣システムの研究をしていたが、大学院進学費用がなく[6]、大学卒業後はTGキャピタル投資アナリストとしてニューヨーク市ウォール街などで働いていた[2][5]

その後起業家になるため情報技術などを学ぼうとセブンネットショッピングプロダクトマネージャーに転じ、3年間の修行ののちITコンサルタントとして独立し、起業の準備を進めた[2][5][7]

2010年にサンフランシスコキュレーションサイト事業のMusavyを設立し、2012年にシリコンバレーサトシ・ナカモトの論文を読んだのち、日本に戻り、グルーポンでの事業開発担当や、クリテオでのGlobal RTB Team APAC Directorを経て、2014年、投資家伊藤穰一らの協力を得て、maneoを手掛けた妹尾賢俊とコイン・パス(のちのOrb)を共同で設立した[8][2][5][9]

Orb代表取締役CEOを務め[10]ブロックチェーン事業を展開し、日本ブロックチェーン協会理事[11]金融庁フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議委員なども務めた[10]。2018年にOrbを売却したのち[11][12]沖縄科学技術大学院大学アントレプレナー・イン・レジデンス(副学長待遇)に就任[13]

共著[編集]

  • 『スタートアップ列伝 : ニッポンの明日を拓く30人』日経BP社 2015年
  • 『未来をつくる起業家 vol.2 : 日本発スタートアップの失敗と成功21ストーリー 』クロスメディア・パブリッシング 2018年

脚注[編集]

  1. ^ 工作機械(12点)国立産業技術史博物館 工作機械 - 探検コム
  2. ^ a b c d e "藩札"がもたらす共存の自然的経済システム 地方創生にブロックチェーン活用 Orbが挑む独自通貨システムとは ASCII STARTUP 今週のイチオシ! 第12回2016年02月26日 07時00分更新
  3. ^ <南風>うつけ者、世界9位の研究機関に琉球新報2020年7月15日 10:22
  4. ^ 仲津真治 プロフィールHMV&BOOKS online
  5. ^ a b c d 「最新のブロックチェーン技術で地域経済の活性化を目指す」――Orb仲津CEOインタビューzuuオンライン 2017/06/06
  6. ^ 「ビットコイン・ベンチャーになるつもりはない」、コインパス仲津CEO語る コインパス共同創業者兼CEO 仲津正朗氏 日経コンピュータ2015.05.15
  7. ^ <南風>シリコンバレーに渡る琉球新報2020年10月7日 09:41
  8. ^ <南風>仮想通貨天国琉球新報2020年11月18日 08:30
  9. ^ 伊藤研人×仲津正朗gracone
  10. ^ a b 「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバー名簿金融庁
  11. ^ a b 1月24日16:55よりOIST 連続起業家 仲津氏が登壇/沖縄から世界を変える人材育成のあるべき姿とは?Leave a Nest2020.01.11 Sat
  12. ^ EC・決済の新モデル ビットコイン、産業化の行方 日本発の「キラーアプリ」を開発へ 仲津 正朗(コインパス 共同創業者兼CEO)事業構想大学院大学2015年4月号
  13. ^ <南風>うつけ者、世界9位の研究機関に琉球新報2020年7月15日 10:22