人間の絆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1934年にベティ・デイヴィスレスリー・ハワード主演で『痴人の愛』として映画化

人間の絆』(にんげんのきずな、Of Human Bondage)は、イギリスの作家ウィリアム・サマセット・モームによって書かれ、1915年に発表された小説。

本作は20世紀前半の英文学傑作として広く認められ、日本でも「月と六ペンス」と並び、多数あるモーム作品の中で絶えず重版されている。

幼い時分に両親を失い、叔父に育てられた作者自身の自伝的な教養小説である。モームのどもりは、主人公フィリップ・ケアリの足の障害(内反尖足)に置き換えられている。

話の舞台は、主人公のドイツフランスへの旅行、そして知性と感性を磨く場となったロンドンにおいて展開してゆく。

日本語訳(現行版)は、中野好夫訳(新潮文庫 上下)と、行方昭夫訳(岩波文庫 上中下)がある。

関連項目[編集]