京都府立大学女子短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都府立大学女子短期大学部
大学設置 1951年
創立 1927年
廃止 1998年
学校種別 公立
設置者 京都府
本部所在地 京都府京都市左京区下鴨半木町1-5
学部 国語科
生活文化科
生活経済科
英語科
テンプレートを表示

京都府立大学女子短期大学部(きょうとふりつだいがくじょしたんきだいがくぶ、英語: Kyoto Prefectural University Women's College)は、京都府京都市左京区下鴨半木町1-5に本部を置いていた日本公立大学である。1951年に設置され、1998年に廃止された。大学の略称は府女短。学生募集は1996年度まで。1997年度より京都府立大学人間環境学部の新設により短期大学は募集停止され、1998年7月21日廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 京都府立大学女子短期大学部は1951年に西京大学女子短期大学部として設置された日本公立短期大学。当初は 2 学科だったが、学科の新設により 4 学科体制となった。卒業生総数は5,577人[2]

教育および研究[編集]

  • 京都府立大学女子短期大学部に設置されていた学科の一つに生活経済科がある。この名称をもつ学科を置いていた短大は全国でもごく稀である。名称からして生活科学的な要素を兼ね備えた専門教育のイメージが感じられがちだが、設置科目は「経済史」・「現代経済論」・「流通経済論」・「生活情報論」などのようにむしろ経済学科系統の専門教育を行っていた感じではある。ほか、生活文化科や国語科のように旧制専門学校から受継がれてきた専門教育もあった。

沿革[編集]

  • 1927年 京都府立女子専門学校を創設[3]
  • 1951年 西京大学女子短期大学部(さいきょうだいがくじょしたんきだいがくぶ)として開学。
    • 文科国語専攻→1953年国語科に改称。
    • 家政科被服専攻→1953年被服科に改称。後に生活文化科に改称。
  • 1959年 京都府立大学女子短期大学部に改称。
  • 1973年 生活経済科が増設される:在学者数は39[4]
  • 1993年 英語科が増設される:在学者数は40[5]
  • 1996年度をもって学生募集を終了。
  • 1998年 廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市左京区下鴨半木町1-5

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 国語科
  • 生活文化科
  • 生活経済科
  • 英語科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

  • 教職課程として中学校教諭二種免許状が設置されていた。履修者は全卒業生5,577人のうち2,927人で取得者割合は52%強と半数以上が履修していた。教科名は以下の通りである。
    • 国語:国語科および旧文科:履修者は全卒業生数2769人のうち1,599人で57%強となっていた[2]
    • 家庭:生活文化科(旧・家政科、被服科含む):履修者は全卒業生数2,652人のうち1,300人で49%強となっていた[2]
    • 英語:英語科:履修者は全卒業生数156人のうち28人で18%弱となっていた[2]
  • 当初は、高等学校教諭免許状課程が併設されており、国語科で(国語)、被服科で(家庭)となっていた[6]

学園祭[編集]

  • 京都府立大学女子短期大学部の学園祭は「流木祭」と呼ばれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 京都府立大学女子短期大学部の同窓会は「桂友会」と称し、1956年に命名された。ちなみに短大の同窓会自体は1955年に創設されている[2]
  • 「文月会」と称した教職員の親睦会があった[2]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

元教員

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 京都府立大学第4号館が女子短期大学部の校舎として使用されていた[2]
  • キャンパスのシンボルは楠の木[2]
  • 閉学した年には、かつてのキャンパスに短大同窓会より寄贈された短大記念碑が建立された[2]

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座が行われていた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 卒業年度にもよるが、一般企業の製造業に就職した人が割合として多いものとなっていた。教育職員に就いた人は近年、ごく僅かとなっていた。

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』251頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『京都府立大学女子短期大学部 記念誌 –桂・下鴨の四十七年-』より
  3. ^ 通称、「桂女専」と称された
  4. ^ 昭和49年度版『全国学校総覧』31頁より
  5. ^ 平成6年度版『全国学校総覧』53頁より
  6. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)48頁「西京大学女子短期大学部」の欄より
  7. ^ 『京都府立大学白書』より

関連項目[編集]

関連サイト[編集]