亜樹新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あき あらた
亜樹 新
職業 漫画家
活動期間 2005年 -
ジャンル 少女・女性向け漫画
テンプレートを表示

亜樹 新(あき あらた)は、日本漫画家[1]。女性[2]。主に『月刊コミックブレイド』、『コミックブレイドMASAMUNE』、『月刊コミックブレイドアヴァルス』(いずれもマッグガーデン)、『月刊コミックジーン』(メディアファクトリー)などで作品を発表している。

来歴[編集]

小学2年生の時にさくらももこエッセイを読んだことがきっかけで漫画家になろうと決意[3]。『ちびまる子ちゃん』や『魔法陣グルグル』のような漫画を描きたいと考える[3]

2010年5月、『月刊コミックブレイドアヴァルス』(マッグガーデン)6月号より『フェティッシュベリー』の連載を開始[4]。同年12月11日より、同作の第1巻と神田はるかの『カポーん。』の第1巻が発売されたことを記念し、三省堂書店カルチャーステーション千葉にて合同原画展が開催される[5]

2011年5月10日、マッグガーデンによるポータルサイト「マッグガーデンコミックオンライン」が開設され、そのサイト内の無料WEBマガジン『WEBコミックBeat's』(同)にて『まじょし。』を発表[6][7]

2013年1月、『月刊コミックジーン』2月号より『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』の連載を開始[8]

2016年12月、デビュー10周年を記念して画集『Little Darling - 亜樹新イラストレーションワークス』を発売[9]

2018年9月に『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』のテレビアニメ化が決定し[10]、2020年1月から放送[11]

人物[編集]

少年漫画や少女漫画などジャンルを問わずコメディ調の作品を好むが、『笑ゥせぇるすまん』のようなブラックな作品も好き[3]。刺激を受けた作品にテレビアニメの『おジャ魔女どれみ』を挙げており、絵やストーリーが好きで夢中になっていたという[3]

2017年ごろにハマった作品として、『ラブライブ!』と『Free!』を挙げている[3]

作品リスト[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

  • 吾妻一家録(『コミックブレイドMASAMUNE』2005年冬号、マッグガーデン
  • ocean:bruise - 『宝皇学園MiSORA組』第3巻収録
  • ねこみつこ(『猫あんそろじー』、マッグガーデン、2008年3月)
  • ALICE DOOL - 『フェティッシュベリー』第2巻収録
  • Re:ディア デッドストック - 『フェティッシュベリー』第5巻収録
  • じょし会(『おそ松さん 公式アンソロジーコミック メス』収録、2016年6月25日発売[14]、KADOKAWA)

イラスト[編集]

その他[編集]

  • コミックブレイドアヴァルス シャッフル×BOOK(『月刊コミックブレイドアヴァルス』2009年10月号・11月号応募者全員サービス[16]) - アヴァルス連載作家によるコラボ小冊子、漫画[16]
  • ボーイズラブストーリー集「BavaLus」(『月刊コミックアヴァルス』2012年4月号応募者全員サービス[17]) - アヴァルス作家描きおろしBL[17]
  • SERVAMP-サーヴァンプ-連載10周年記念特別描き下ろし小冊子(2021年8月[18]
  • であいもん 公式コミックアンソロジー 〜縁〜』(2022年6月10日発売[19]、KADOKAWA) - カラーイラスト収録[19]

出典[編集]

  1. ^ 亜樹 新(漫画家)”. マンガペディア. 2021年10月18日閲覧。
  2. ^ 亜樹新の一覧 プロフィール”. BookLive!. 凸版印刷グループ. 2021年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e “「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」亜樹新インタビュー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年8月25日). https://natalie.mu/comic/pp/bokuhaka/page/3 2021年7月14日閲覧。 
  4. ^ a b “アヴァルスで亜樹新がフェチガールの恋を描く新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年5月15日). https://natalie.mu/comic/news/31876 2021年7月14日閲覧。 
  5. ^ “フェチ女子描く亜樹新&銭湯女子描く神田はるかが原画展”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年12月10日). https://natalie.mu/comic/news/41907 2021年7月14日閲覧。 
  6. ^ “黒乃奈々絵「殲鬼戦記ももたま」新WEBマガBeat'sで再開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年4月18日). https://natalie.mu/comic/news/48066 2021年7月14日閲覧。 
  7. ^ a b “新WEBマガBeat's始動!小島アジコ、別天荒人ら新作も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月10日). https://natalie.mu/comic/news/49188 2021年7月14日閲覧。 
  8. ^ a b “亜樹新が中2病こじらせ男子描くコメディ連載、ジーンで開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年1月15日). https://natalie.mu/comic/news/83105 2021年7月14日閲覧。 
  9. ^ “「ぼくはか」亜樹新の10年が詰まった画集「Little Darling」が発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月25日). https://natalie.mu/comic/news/214563 2021年7月14日閲覧。 
  10. ^ “「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」TVアニメ化!こじらせ男子たちの青春コメディ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月15日). https://natalie.mu/comic/news/299812 2021年7月14日閲覧。 
  11. ^ “「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」EDはA応P、OPは新人デュオ・all at once”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月15日). https://natalie.mu/comic/news/355469 2021年7月14日閲覧。 
  12. ^ “NAKAYOSHI FOREVER!亜樹新「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」が完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年4月15日). https://natalie.mu/comic/news/375506 2021年7月14日閲覧。 
  13. ^ “「ぼくはか」の亜樹新が新連載、宇宙動物が地球を侵略する「かわいいせかいせいふく」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月15日). https://natalie.mu/comic/news/474080 2022年4月15日閲覧。 
  14. ^ “「おそ松さん」アンソロが5冊同時発売「ゲス」「メス」「F6」などテーマ別”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年6月25日). https://natalie.mu/comic/news/192232 2021年7月14日閲覧。 
  15. ^ “「捨てられた皇妃」4巻と小説版1巻が同時発売、挿絵は「ぼくはか」亜樹新が担当”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月5日). https://natalie.mu/comic/news/390665 2021年7月14日閲覧。 
  16. ^ a b “アヴァルス2周年!キャラシャッフルの小冊子頒布”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年9月15日). https://natalie.mu/comic/news/21237 2021年7月14日閲覧。 
  17. ^ a b “アヴァルスで青桐ナツらBL描く全サ、次号猫山宮緒が新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年3月15日). https://natalie.mu/comic/news/66142 2021年7月14日閲覧。 
  18. ^ 【特典情報】「SERVAMP-サーヴァンプ-」豪華執筆陣描き下ろし小冊子がもらえる!!(配布書店様一覧)”. 月刊コミックジーン編集部ブログ. KADOKAWA (2021年8月13日). 2021年10月18日閲覧。
  19. ^ a b “「であいもん」公式アンソロ、金田一蓮十郎、天野こずえ、ヤマザキコレらが参加”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年6月10日). https://natalie.mu/comic/news/481131 2022年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]