五条為栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
五条為栄
Gojō Tameshige.jpg
五条為栄
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保13年3月21日1842年5月1日
死没 明治30年(1897年7月16日[1]
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 五条家
父母 父:五条為定
兄弟 為栄五島基民
烏丸良子(烏丸光政の三女)
秀麿、為功、道久、為忠
テンプレートを表示

五条 為栄(ごじょう ためしげ)は、幕末公家、明治期の陸軍軍人内政官僚政治家。陸軍少将元老院議官貴族院子爵議員錦鶏間祗候

経歴[編集]

山城国愛宕郡上京第二十二区堺町御門内西殿町角屋敷で、権中納言五条為定の息子として生まれる[1]安政2年3月1856年)に元服し昇殿を許された[1]

安政5年(1858年廷臣八十八卿列参事件に加わった。その後、大学頭侍従文章博士を歴任[1]文久4年(1864年)に入り、同年2月元治元号を勘申した[1]。元治元年7月19日(8月20日)の禁門の変では長州藩側として動き、参朝停止となった[1][2]慶応3年1月1867年)に赦され[1][2]、同年11月20日(12月15日)参与助役に就任[3]鳥羽・伏見の戦いが起こり慶應4年1月4日1868年1月28日)錦旗奉行となる[3]。その後、中国四国追討使副督に任じられ同年1月28日(2月21日)まで従軍[3]。同年2月20日(3月13日)参与・刑法事務局権輔に就任[3]。以後、軍務官兵学校奉行助役、三等陸軍将を歴任[3]

明治2年6月2日1869年7月10日)戊辰の戦功により賞典禄50石を永世下賜された[3]。同年7月22日(9月8日)陸軍少将に任じられた[3]。以後、次侍従、侍従、東京府十等出仕、山形県第一大区区長、同最上郡長、同東村山郡長、元老院准奏任官御用掛などを歴任[3]

1884年7月8日、子爵を叙爵[4]。元老院書記官を務め、1888年6月7日、元老院議官となり、その1890年10月20日の廃止まで在任し非職、同日、錦鶏間祗候を仰せ付けられる[3]。同年7月10日、貴族院子爵議員に当選し、死去するまで在任した[3][5]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 閲、肝付兼武著『勧業順序』明治閣、1879年。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『明治維新人名辞典』398-399頁。
  2. ^ a b 『幕末維新大人名事典』上巻、523頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』495-500頁。
  4. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  5. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』43頁。
  6. ^ 『官報』第1791号「叙任及辞令」1889年6月20日。
  7. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、592頁。
  8. ^ 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年、こ68頁「五条為功」。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』柏書房、1995年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
五条家初代
1884年 - 1897年
次代:
五条為功