五所神社 (湯河原町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鳥居と「五所神社の楠」(右)

五所神社(ごしょじんじゃ)は神奈川県の湯河原町にある神社。祭神は天照大神天忍穂耳尊瓊々杵尊彦火々出見尊鸕鷀草葺不合尊誉田別命素盞嗚尊伊弉册尊[1]

社伝によると天智天皇の時代に創立されたという[2]。1060年、五所神社の加護を受けた荒井実継は、源義家の奥州征伐に従い戦功をあげたという話が伝わる。1180年8月における源頼朝挙兵にあっては、土肥実平がその佩刀を奉納したといい、これは現存しており社宝となっている。1621年、1636年、1661年および1740年に再建、修復の記録が残っている。1873年7月には村社、1915年11月には神饌幣帛料供進神社に指定された。その後も改築や拡張を続け、1944年7月22日付けで郷社となった。すぐそばを高架が通る新幹線の工事および県道の拡張工事は五所神社に影響をあたえ、敷地の面積は116坪ほど減少した。1968年に神奈川県神社庁よりの献幣使参向神社となった。1995年2月14日付けで神奈川県指定有形文化財とされた本殿は歴史を室町時代後期にさかのぼるもので、三間社流造、瓦棒鉄板葺[3]

1930年発行の『湘南五郷の史蹟を訪ねて』には「湯河原温泉通に沿って漫歩すると、必ずや数百年を経たる老樹鬱蒼として生茂り、森厳さ云うべからざる御社の前を通る」云々と紹介されているが[4]、そのうちいくつかの古木は現存する。推定樹齢800年とされるイチョウは「五所神社の銀杏の木」として、またクスノキは「五所神社の楠」として、ともに1997年5月1日付けで湯河原町指定の天然記念物とされた[5]。こちらのクスノキは1984年における神奈川の名木100選にも選出されており、2007年付けの資料によればその樹齢は620年とも[6]、現地の看板によれば850年ともいう[7]。また、かつて境内が広かったころには境内参道であった場所、現在は車道をはさんで分かたれている地点には「明神の楠」という1979年4月1日付けの町指定の史跡もある[8]。推定樹齢は800年以上といい、根回り15.6メートル、樹高17.5メートルで、朽ちた幹を補強するためのコンクリートの中には地蔵像が内蔵されてたりする[8]

アクセス[編集]

湯河原駅からバスで5分、バス停「五所神社」下車すぐ [9]。駅から徒歩では10-15分ほど[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『神奈川県神社誌』 神奈川県神社庁、1981年、429頁。 
  2. ^ 以下、当段落は特記ない限り、前掲(神奈川県神社庁 1981, 429頁)による。
  3. ^ 神奈川県文化財目録 (PDF)”. 神奈川県教育委員会生涯学習部文化遺産課. 2017年6月11日閲覧。
  4. ^ 『湘南五郷の史蹟を訪ねて』 足柄下郡教育会第五部研究会、1930年、58-59頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1095505 引用文において旧漢字および仮名遣いは修正してある。
  5. ^ 湯河原町 天然記念物”. 湯河原町役場社会教育課. 2017年6月11日閲覧。
  6. ^ かながわ樹木医会名木100選”. 一般社団法人 日本樹木医会神奈川県支部(通称、かながわ樹木医会). 2017年6月11日閲覧。
  7. ^ 樹下の看板より。2017年4月15日閲覧。
  8. ^ a b 湯河原町 史跡”. 2017年6月11日閲覧。
  9. ^ 五所神社”. フォートラベル株式会社. 2017年6月11日閲覧。
  10. ^ アクセス”. 五所神社. 2017年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度08分33秒 東経139度05分39秒 / 北緯35.142614度 東経139.094061度 / 35.142614; 139.094061