二石昌人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二石 昌人(ふたいし まさと)は、日本外交官2013年平成25年)1月17日からブルキナファソ駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

鹿児島県出身。1974年昭和49年)立命館大学経済学部を卒業後、1978年(昭和53年)外務省に入省する。モロッコカメルーン大使館勤務を経て、2004年のギ・フィリップらによるハイチ・クーデターの際は、在ハイチ共和国日本国大使館臨時代理大使として情報収集や在留邦人保護にあたり、大使館員とともに第3回川口賞を受賞した。外務省中東第1課地域調査官、2010年(平成22年)7月、駐セネガル大使館参事官カボベルデガンビアギニアビサウモーリタニア参事官を経て、2013年平成25年)1月17日からブルキナファソ駐箚特命全権大使[1][2]

2010年1月12日(日本時間13日6時53分)、ハイチ共和国でマグニチュード7.0の地震が発生した(ハイチ地震)際には国際緊急援助隊医療チームを団長として率いている[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 国連次席大使に梅本氏 政府決定 二石 昌人氏(ふたいし・まさと=ブルキナファソ大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2013年1月15日). 2014年6月11日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ (日本語) ハイチ大地震取材体験記 大地震被災地の一週間”. 時事ドットコム (2010年3月6日). 2014年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • (日本語)ご挨拶(在ブルキナファソ日本国大使館ホームページ)