久留島通容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久留島 通容(くるしま みちかた、1811年3月5日文化8年2月11日)- 1850年7月1日嘉永3年5月22日))は、豊後国森藩の第9代藩主。

第8代藩主・久留島通嘉の三男。正室は田沼意留の娘(離婚)。子は久留島通明(長男)、久留島通寛(次男)、娘(花房職賀正室)、娘(山村良貴室)。官位は従五位下、安房守。幼名は采女。

弘化3年(1846年)11月11日、父の死去により跡を継いだ。弘化4年12月18日、従五位下安房守に叙任する。財政再建を主とした藩政改革を目指して老臣・島宮内を登用し、倹約令を施行した。その他にも養鶏、養蚕、植林(植林から紙の原料を植栽して製糸業を起こした)などの政策を重視した。しかし襲封4年後の嘉永3年(1850年)5月22日に40歳で死去したため、藩政改革は頓挫した。法号は良峰院。長男・通明が跡を継いだ。