久留島光通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久留島光通像(安楽寺蔵)

久留島 光通(くるしま てるみち、1704年宝永元年)- 1764年10月13日明和元年9月18日))は、豊後国森藩の第5代藩主。

2500石を領した旗本久留島通貞(第2代藩主・久留島通春の次男)の次男。正室は木下俊量の娘。子に久留島通祐(五男)、山崎義俊(六男、筑前秋月藩主、黒田長堅父)、久留島通同(七男)、娘(青木一新正室)、娘(渡辺信綱継室)、娘(高井綽房室)、娘(青木直美正室)、娘(久留島通高室)、娘(高井綽房養女)。初名は通綜。通称は靭負、帯刀。官位は従五位下、信濃守。

世嗣だった通重の死去により、正徳5年(1715年)4月27日、先代藩主・通政の養嗣子となる。同年5月28日、将軍徳川家継にお目見えする。享保4年(1719年)12月25日、養父通政の死去に伴って家督を継いだ。享保5年12月18日、従五位下信濃守に叙任する。享保17年(1732年)、飢饉が藩内を襲うと、幕府より2000両を借用して対処した。その後、藩財政再建のため、上米制を中心とした藩政改革を行なった。駿府城番を命じられる。寛延3年(1751年)3月1日、大番頭に就任する。宝暦8年(1759年)11月18日、伏見奉行に就任する。明和元年(1764年)9月18日に61歳で死去し、跡を五男・通祐が継いだ。法号は泰竜院。