久留島通嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久留島 通嘉(くるしま みちひろ、1787年5月26日天明7年4月10日)- 1846年10月8日弘化3年8月18日))は、豊後国森藩の第8代藩主。

第7代藩主・久留島通同の次男。母は側室山口氏。正室は安藤信馨の養女(安藤信厚の娘)。子に久留島通容(三男)、久留島通胤(七男)、娘(田沼意尊正室)、娘(山村良醇室)、娘(久留島通孝室)、娘(本郷泰清正室)、娘(戸田光顕室)、娘(久留島通興室)。官位は従五位下、伊予守。幼名は祥丸。

寛政10年(1798年)10月10日、父が大坂城番在任中に死去したため、その跡を継いだ。享和元年(1801年)12月16日、従五位下伊予守に叙任する。藩政においては、財政再建を主とした藩政改革を目指して上米制や専売制度、運上金の引き上げから藩札の発行を行なっている。また、小城さながらの壮大な三島神社を造営し、藩校である修身舎を創設するなど、藩主としての手腕を見せた。弘化3年(1846年)8月18日、60歳で死去し、跡を三男・通容が継いだ。法号は大通院。