久留島通清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久留島通清像(安楽寺蔵)

久留島 通清(くるしま みちきよ、1629年寛永6年)- 1700年11月9日元禄13年9月29日))は、豊後国森藩の第3代藩主。

第2代藩主・久留島通春の長男。母は佐久間安政の娘。正室は中川久盛の養女(久松松平定実の娘)。継室は山内忠義の娘。子に久留島通政(長男)、林正栄(次男)、毛利高久(三男)、毛利高慶(五男)、久留島通重(六男)、娘(武田信令正室)、娘(高木守興正室)。初名は通次。幼名は吉松。官位は従五位下、信濃守。

寛永13年(1636年)5月28日、将軍徳川家光にお目見えする。明暦元年(1655年)7月13日、父の死去により、家督を継いだ。このとき、弟の通貞に岩室村など1000石、もう1人の弟通迥(みちとお)にも綾垣村、木牟田村など500石を分与したため、1万2500石の領主となる。明暦2年12月18日、従五位下信濃守に叙任した。

藩政においては父時代の側近をすべて排除し、新参者の薄葉氏や浅川氏らを重用して藩主権力の強化を図った。元禄13年(1700年)9月29日、森にて死去した。享年72。跡を長男・通政が継いだ。法号は瑞雲院。墓所は森の安楽寺。