久留島通明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久留島 通明(くるしま みちあき、1828年4月9日文政11年2月25日)- 1868年7月30日慶応4年6月11日))は、豊後国森藩の第10代藩主。

第9代藩主・通容の長男(第8代藩主・通嘉の子で通容の異母弟との説もある)。子は娘(横田某室)。官位は従五位下、出雲守。幼名は松喜代、通称は兵部。

嘉永3年(1850年)9月29日、父の死去により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下出雲守に叙任する。しかし生来から病弱だったため、嘉永5年(1852年)2月16日、それを理由にして家督を叔父の通胤に譲って隠居した。慶応4年(1868年)6月11日、41歳で死去した。法号は円通院。