久留島通政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久留島通政像(安楽寺蔵)

久留島 通政(くるしま みちまさ、1661年寛文元年) - 1719年12月23日享保4年11月13日))は、豊後国森藩の第4代藩主。

第3代藩主・久留島通清の長男。母は山内忠義の娘。正室は戸沢正誠の娘、継室は山内豊昌の養女(山内忠義の甥・山内一俊の娘)。子は娘(永井尚品正室)。幼名は万千代。通称は帯刀。初名は通総、通厚。官位は従五位下、伊予守。

寛文9年(1669年)7月11日、将軍徳川家綱にお目見えする。元禄13年(1700年)12月5日、父の死去により家督を継ぐ。宝永6年(1709年)4月15日、従五位下伊予守に叙任する。藩政には不明な点が多い。通政は正室を2人迎えたが、いずれも嗣子に恵まれず、元禄16年(1703年)に脇坂安照三男の久留島通用(織部)を養子にするが、翌年に病没した。その後、池田光仲の六男・久留島通孝(主殿)を養子にするもすぐに廃嫡している。そして、他家に養子に出ていた六弟の通重を養嗣子としたが、宝永4年(1707年)2月に先立って死去したため、叔父・久留島通貞の次男で従弟にあたる光通を養子として跡を継がせた。享保4年(1719年)11月13日に死去した。享年59。