久留島通孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
久留島通孝
時代 江戸時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 池田清弥、久留島通孝
別名 主殿(通称)
豊後森藩世嗣
氏族 池田氏久留島氏
父母 池田光仲
久留島通政
兄弟 池田綱清池田仲澄九鬼隆律
池田清定池田清勝通孝
テンプレートを表示

久留島 通孝(くるしま みちたか)は、江戸時代中期の豊後国森藩の世嗣。通称は主殿。

略歴[編集]

因幡国鳥取藩主・池田光仲の六男として誕生。初めは長兄・池田綱清より偏諱を与えられて池田清弥(きよやす)を名乗る。

早世した久留島通用に代わって久留島通政の養子となり、通孝に改名。宝永3年(1706年徳川綱吉に拝謁するが、まもなく廃嫡された。代わって、通政の実弟・通重が嫡子に迎えられた。