中田瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
島根県津和野町の生誕地

中田 瑞穂(なかだ みずほ、男性、1893年4月24日 - 1975年8月18日)は、日本の脳外科学者、俳人。新潟大学名誉教授。俳号はみづほ島根県津和野町生まれ。

日本における脳神経外科学の権威で、新潟大学に日本初の脳神経外科を設立した。日本で初めて大脳半球切除手術(いわゆるロボトミー手術)に成功した人物としても知られているが、今日ではこの手術の有効性は否定されている。中田みづほの俳号をもつホトトギス派の俳人でもあり、高浜虚子と親交があった。主著に『脳手術』、『脳腫瘍』等。

略歴[編集]

  • 1917年:東京帝国大学医科大学卒業
  • 1917年:東京帝国大学医科大学副手
  • 1919年:東京帝国大学医科大学助手
  • 1922年:新潟医科大学助教授兼新潟医科大学附属医学専門部教授
  • 1927年:新潟医科大学教授
  • 1952年:新潟大学医学部教授兼新潟医科大学教授
  • 1956年:新潟大学退官 名誉教授
  • 1957年:新潟大学医学部附属脳外科研究施設長
  • 1967年:日本学士院会員

受賞歴[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『現代俳句大事典』 三省堂