中田瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中田 瑞穂(なかだ みずほ、男性、1893年4月24日 - 1975年8月18日)は、日本の脳神経外科医、俳人。新潟大学名誉教授。俳号はみづほ島根県津和野町生まれ。

日本における脳神経外科学の権威で、新潟大学に日本初の脳神経外科を設立した。その功績から「日本脳外科の父」とも呼ばれ[1]新潟大学脳研究所の設立と発展に貢献した[2]てんかんの治療法として現在も行われている、大脳半球切除手術に日本で初めて成功した[1]ことでも知られる。また、ホトトギス派の俳人でもあり、高浜虚子と親交があった。主著に『脳手術』、『脳腫瘍』等。

略歴[編集]

島根県津和野町の生誕地
  • 1893年:島根県津和野町の生まれ
  • 1917年:東京帝国大学医科大学卒業
  • 1917年:東京帝国大学医科大学副手
  • 1919年:東京帝国大学医科大学助手
  • 1922年:新潟医科大学助教授兼新潟医科大学附属医学専門部教授
  • 1927年:新潟医科大学教授
  • 1952年:新潟大学医学部教授兼新潟医科大学教授
  • 1956年:新潟大学退官 名誉教授
  • 1957年:新潟大学医学部附属脳外科研究施設長
  • 1967年:日本学士院会員
  • 1975年:新潟市西大畑町にて死去(享年82)

脳神経外科医[編集]

 帝国大学医科大学を卒業後直ちに同大学の外科教室に入局し、4年間の勤務の後新潟医科大学の外科教室に助教授として赴任した[3]

 新潟医科大学に赴任した当初の外科は外表と消化器を担当し、脳疾患を扱っていなかった[1]。1924年から1927年の留学の際にヨーロッパの脳外科手術を見学したが、脳腫瘍の手術に関しては予後不良で到底信頼のおけるものではなかったという[4]

 その後1936年にイェール大学で脳神経外科医のハーヴェイ・ウィリアムス・クッシングクッシング症候群の発見者)やウォルター・ダンディの手術を見学し、クッシング氏の緻密な手術態度に感銘を受け、手術法に共感を覚えた[1]。(なお、1932年に中田氏は初めて脳腫瘍髄膜腫)の手術を行っている。)

 帰国後、1938年に新潟神経学研究会を発足し[1]、第1回では「てんかんの外科的療法」と題した講演を行った[2]。1947年に「脳手術」を、その2年後に「脳腫瘍」を出版した[1]

 1948年に第1回日本脳外科研究会(現在の日本脳神経外科学会)が新潟医科大学で開催された際[1]、「前頭葉切除術乃至前頭葉白質切離術の効果の限界に就て」という題で講演を行っている[5](前頭葉切除術とはロボトミーのこと)。1951年に第二外科学講座として脳神経外科学を独立させた[4]

 1953年4月にワーレンベルグ症候群を発症[6]。自身の症状を観察記として著し、病巣分布を推定した論文を発表した[6]。神経内科学者の豊倉康夫(1923-2003)はこの分析をさらに解析した論文を発表している[2]

 1956年に新潟大学医学部教授を退官する際、当時の医学部長であった伊藤辰治(1904-1985 神経病理学者)によって「新潟大学脳研究室」(現在の新潟大学脳研究所)が設立され、その室長となる[1]。伊藤氏は病理学教室教授として、中田氏による脳手術の全症例の病理診断を担当していた[2]

 研究室は設立の翌年に文部省により正式に認可され「新潟大学医学部脳外科研究施設」となる[1]。退官後も施設長として脳神経疾患に関する研究を続け、1959年に退職[1]。生涯で著した論文数は300に及ぶ[4]

俳人[編集]

  • 「学問の静かに雪の降るは好き」[1]「刻々と手術は進む深雪かな」[5]が有名。新潟大学旭町キャンパスには「学問の静かに雪の降るは好き」が刻まれた句碑がある[1]。この句碑は1992年に同氏の生誕百年に伴う偲ぶ集いの賛同者により建立されたもので、書体は1968年に中田氏が茂野録良(第9代新潟大学学長)の教授就任に伴い贈呈した掛軸を複製したものである[3]
  • 1958年に句集「刈上」を出版した[1]。これ以来自身の俳号を「みづほ」から「穭翁」とした[3]とは稲の刈上後に伸びる芽のこと。

晩年[編集]

  • 1975年8月18日新潟にて逝去(享年82)。生前の本人の意向により、脳解剖が行われた[1]。剖検を担当した神経病理学者の生田房弘(1929- /新潟大学名誉教授)氏は、観察記で推測されていたワーレンベルグ症候群の病巣分布は解剖結果と一致していたと述べている[1]

主な著書[編集]

脳神経外科に関する著書[5][編集]

  • 「脳手術」   (1947年出版)
  • 「脳腫瘍」   (1949年出版)
  • 「外科今昔」  (1958年出版)
  • 「癲癇2000年」(1966年連載、後に日本てんかん協会により1984年に単行本として刊行)

句集[1][編集]

  • 「刈上」(1958年出版)


※中田氏の日記や手術図譜は、現在新潟大学脳研究所の脳神経外科教室に保存されている[5][1]

受賞歴[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r (https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/03/rikka18.pdf)+季刊広報誌「六花」No.18. 新潟大学広報センター. (2016year) 
  2. ^ a b c d University, 新潟大学脳研究所, Brain Research Institute, Niigata. “新潟大学脳研究所” (日本語). 新潟大学脳研究所. 2020年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c 生田房弘 (1992). “中田瑞穂先生を偲ぶ集い・生誕百年”. 新潟外科同窓会誌 第17号. 
  4. ^ a b c (https://www.dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10869612_po_ART0002489345.pdf?contentNo=1&alternativeNo=)+神経外科. 16(1). 日本脳神経外科学会. (1976year) 
  5. ^ a b c d e 中田瑞穂記念室 - 新潟大学脳研究所 脳神経外科教室”. neurosurg-bri-niigata.jp. 2020年6月2日閲覧。
  6. ^ a b (https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/03/rikka18.pdf)+季刊広報誌「六花」No.18. 新潟大学広報センター. (2016year) 
  7. ^ 島根県 津和野町 [歴史]
  8. ^ 武田医学賞受賞者 Archived 2007年4月4日, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

  • 『現代俳句大事典』 三省堂