中牟田喜一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむた きいちろう
中牟田 喜一郎
生誕 (1915-09-15) 1915年9月15日
日本の旗 日本福岡県福岡市
死没 (2008-10-18) 2008年10月18日(93歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口高等商業学校卒業
神戸商業大学卒業
職業 実業家
活動拠点 岩井産業
岩田屋
日本テニス協会
肩書き岩田屋社長・特別顧問
日本テニス協会副会長・会長・名誉会長
配偶者 妻:加茂純子
中牟田喜兵衛(岩田屋創業者)
受賞 西日本スポーツ賞(1972年)
勲三等瑞宝章(1987年)

中牟田 喜一郎(なかむた きいちろう、1915年9月15日 - 2008年10月18日)は、日本実業家岩田屋の創業家で、社長・会長を務めた。妻は元テニス選手の加茂純子

経歴[編集]

福岡県福岡市にて岩田屋創業者中牟田喜兵衛の長男として生まれた。現在の神戸大学の前身となる神戸商業大学へ入学、テニス選手として3年時には3年の全日本ランキングで男子シングルス20位、ダブルス9位に名を連ねた。大学卒業後の1940年岩井産業(現双日)に入社、1945年岩田屋に入社し、2年後社長に就任、1985年まで務めた。その後会長に就任したが、2002年に経営不振より伊勢丹の傘下に入ったのをきっかけに会長の座から退き、特別顧問となっていた[1]

テニス界においても1952年デビスカップの日本チームの監督を務めた。1960年から1995年までは日本テニス協会の副会長、1995から2000年には会長を務め、その後は名誉会長となっていた。

1982年からは彼の名を冠したU-15中牟田杯全国選抜ジュニアが開催されている。1972年西日本スポーツ賞に選ばれ、1987年には勲三等瑞宝章を受章した。

脚注[編集]

[ヘルプ]