中渚滑駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中渚滑駅
なかしょこつ
Naka-Shokotsu
所在地 北海道紋別市上渚滑町中渚滑
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 渚滑線
キロ程 9.5km(渚滑起点)
電報略号 ナツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年大正12年)11月5日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
備考 渚滑線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1978年の中渚滑駅と周囲約500m範囲。下が北見滝ノ上方面。無人化直前の姿。かつては駅前の通りに民家が立ち並んでいた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

中渚滑駅(なかしょこつえき)は、かつて北海道紋別市上渚滑町中渚滑に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)渚滑線廃駅)である。電報略号ナツ。渚滑線の廃線に伴い、1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の東側(北見滝ノ上方面に向かって左手側)に存在した[1]

無人駅(簡易委託駅)となっており、有人駅時代の駅舎は改築され、下渚滑駅と全く同じ形状の駅舎となっていた[1]。駅舎は構内の東側に位置し、ホームに接していた。

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。地名はアイヌ語の「ショーコツ」(滝壺)に由来し、渚滑川の中流域に位置するため、「中」を冠した[2]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

1997年(平成9年)11月時点で、駅跡地には鉄道関連施設は何も残っておらず、民家裏の空き地と化していた[3]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
渚滑線
下渚滑駅 - <十六号線仮乗降場> - 中渚滑駅 - <上東仮乗降場> - 上渚滑駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)215ページより。
  2. ^ 『駅名の起源』札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、94頁。NDLJP:1029473
  3. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くV』(JTBパブリッシング1998年6月発行)24ページより。

関連項目[編集]