中村貫之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村貫之
なかむら かんし
Kanshi Nakamura.jpg
生年月日 1888年10月17日
没年月日 (1983-12-31) 1983年12月31日(95歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学経済学科
(現東京大学経済学部)
前職 横浜正金銀行(現三菱UFJ銀行)本店支配人
所属政党 公正会
配偶者 中村八重子
中村章
親族 父・中村雄次郎(貴族院議員)
義父・阪谷芳郎(大蔵大臣)
義父・若宮貞夫(衆議院議員)
孫婿・橋本龍太郎(内閣総理大臣)
曾孫・橋本岳(衆議院議員)

在任期間 1946年5月11日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

中村 貫之(なかむら かんし、1888年明治21年)10月17日[1] - 1983年昭和58年)12月31日[1][2])は、大正から昭和期の銀行家華族男爵貴族院議員。孫の橋本久美子は第82・83代内閣総理大臣橋本龍太郎の妻[1]政治家橋本岳は曾孫。

経歴[編集]

陸軍軍人中村雄次郎の二男として生まれる[3]学習院中等科から高等科で里見弴と親しく、共に回覧雑誌『麦』を刊行、『白樺』同人であった[要出典]1914年大正3年)東京帝国大学法科大学経済学科を卒業[3]。父の死去に伴い1928年(昭和3年)11月1日、家督を相続し男爵を襲爵した[1]

1914年、横浜正金銀行に入行する[2][3]カルカッタ支店副支配人、カラチ出張所副主任を経て蘭貢支店支配人、東京支店副支配人、ラングーン支店支配人、シアトル支店支配人、本店支配人などを歴任[2][3]。清水産業社長も務めた[2]

1946年(昭和21年)5月11日、貴族院男爵議員に補欠選挙で当選し[4][5]公正会に所属し1947年(昭和22年)5月2日貴族院廃止まで在任した[2]。1983年(昭和58年)死去、享年95。

家族・親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成 下巻』247頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』80頁。
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 下』ナ83頁。
  4. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、57頁。
  5. ^ 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成 下巻』霞会館、1996年。
日本の爵位
先代
中村雄次郎
男爵
中村(雄次郎)家第2代
1928年 - 1947年
次代
華族制度廃止