中村祐斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 祐斗
基本情報
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1997-03-01) 1997年3月1日(25歳)
出身地 三重県鈴鹿市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 11
KO勝ち 8
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

中村 祐斗(なかむら ゆうと、1997年3月1日 - )は、日本プロボクサー三重県鈴鹿市出身。第2代日本スーパーフライ級ユース王者。市野ボクシングジム所属。かつては鈴鹿ニイミボクシングジムに所属していた[3]

人物[編集]

ボクシングをはじめたきっかけはダイエット[4]で中学3年生から始めた[5]

弟2人もボクサー[6]

来歴[編集]

2014年5月25日に亀山市立西野運動公園体育館で太田英斗とフライ級4回戦を戦い、1回1分32秒TKO勝ちを収めてデビュー戦を白星で飾った[7]が、5か月後の試合では判定負けでプロ初黒星を喫した[8]

2016年中日本バンタム級新人王として、西日本新人王城後響と新人王西軍代表決定戦を戦い、4回1-2の判定負けで西軍代表にはなれなかった[9]

その後2017年8月23日に後楽園ホール武田航と初代日本バンタム級ユース王座決定トーナメント決勝戦を行い、8回1分48秒TKO負けを喫して日本バンタム級ユース王者になれなかった[10]

そして2018年12月9日に大阪府立体育会館第二競技場で那須亮祐と日本スーパーフライ級ユース王座決定戦を行い、8回2-1(78-75、77-75、76-77)判定勝ちを収めて日本ユース王座獲得に成功[11]。翌2019年4月14日にメッセウイング・みえにて近藤冬真と日本ユーススーパーフライ級タイトルマッチを行い、8回2-1(76-77、77-75、78-75)判定勝ちを収めて日本ユース王座初防衛に成功[12]。その後、王座を返上した。

2020年12月26日、墨田区総合体育館赤穂亮スーパーバンタム級8回戦を戦い、2回1分52秒TKO負けを喫した[13]

2021年9月5日、ふじさんめっせ村地翼と対戦し、8回1-1(77-75、74-78、76-76)で引き分けとなった[14]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング - 19戦11勝6敗2分(8KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2014年5月25日 1R 1:32 TKO 太田英斗(平石) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2014年10月26日 4R 判定0-2 柴田亮(中日) 日本の旗 日本
3 2015年10月17日 4R 1:40 TKO 梅本美智隆(畑中) 日本の旗 日本
4 2015年12月31日 4R 判定0-2 伊藤仁也(三河) 日本の旗 日本
5 2016年4月24日 2R 0:40 TKO 干場悟(タイガーウイング) 日本の旗 日本 2016年中日本バンタム級新人王予選
6 2016年6月19日 2R 2:33 TKO 宮城直樹( 日本の旗 日本 2016年中日本バンタム級新人王予選
7 2016年8月7日 5R 判定3-0 伊藤仁也 (三河) 日本の旗 日本 2016年中日本バンタム級新人王決勝戦
8 2016年9月19日 1R 1:54 TKO 松ヶ野貴志(橋口) 日本の旗 日本 2016年中日本・西部日本バンタム級新人王対抗戦
9 2016年11月6日 4R 判定1-2 城後響(井岡 日本の旗 日本 2016年新人王戦バンタム級西軍代表決定戦
10 2017年4月16日 2R終了 TKO 野村健太(仲里 日本の旗 日本
11 2017年8月23日 8R 1:48 TKO 武田航角海老宝石 日本の旗 日本 初代日本バンタム級ユース王座決定トーナメント決勝戦
12 2018年4月15日 8R 判定0-3 荒木哲(斉藤) 日本の旗 日本
13 2018年7月29日 1R 0:35 KO 秋月楓大(大成) 日本の旗 日本
14 2018年12月9日 8R 判定2-1 那須亮祐(グリーンツダ 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級ユース王座決定戦
15 2019年4月14日 8R 判定2-1 近藤冬真(蟹江) 日本の旗 日本 日本ユース王座防衛1
16 2019年8月24日 1R 0:19 TKO キチャン・キム インドネシアの旗 インドネシア
17 2019年11月17日 8R 判定0-1 井上太陽(広島三栄) 日本の旗 日本
18 2020年12月26日 2R 1:52 TKO 赤穂亮横浜光 日本の旗 日本
19 2021年9月5日 8R 判定1-1 村地翼(駿河男児) 日本の旗 日本
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ DANGAN192 日本ユース初代王座決定トーナメント〔決勝〕2日目 Danganboxing
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】スーパーフライ級 (52.16 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 鈴鹿ニイミ興行 ボクシングモバイル
  4. ^ 中村 佑斗(20=市野) NEW ボクシングモバイル
  5. ^ 中村祐斗&菅原秀馬。4月、地元・鈴鹿のダブルメインに登場するふたりの決意。 ボクシング・マガジン編集部 2019年3月29日
  6. ^ 18/03/10 家族がライバル ボクシングの中村さん3兄弟 中日三重サービスセンター 2018年3月10日
  7. ^ 2014年5月試合結果 日本ボクシングコミッション
  8. ^ 2014年10月試合結果 日本ボクシングコミッション
  9. ^ 近代スポーツ編集部のTwitter 2016年11月6日 Twitter
  10. ^ 中谷潤人が阿久井に圧勝、ユース初代王座MVPも獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月23日
  11. ^ 矢田良太が9回TKOで日本ウェルター級V2 S・フライ級王者の奥本貴之は無念のドロー防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月9日
  12. ^ 2019年4月試合結果 日本ボクシングコミッション
  13. ^ 赤穂亮まだまだ強い! 圧巻の2回TKO勝ち 19歳の佐々木尽 KOで日本ユース王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月26日
  14. ^ “2世ボクサー”日本フライ級2位の畑中建人は判定勝ち 富士市の前座から Boxing News(ボクシングニュース)2021年9月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]