墨田区総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
墨田区総合体育館
Sumida City Gymnasium
Sumida city gymnasium.jpg
施設情報
用途 屋内スポーツ
事業主体 東京都墨田区
管理運営 すみだスポーツサポートPFI株式会社
延床面積 19,836.90m²
階数 地上5階
竣工 1967年(墨田区体育館)
2010年(墨田区総合体育館)
所在地
東京都墨田区錦糸4-15-1
位置 北緯35度41分57.9秒 東経139度49分1.6秒 / 北緯35.699417度 東経139.817111度 / 35.699417; 139.817111座標: 北緯35度41分57.9秒 東経139度49分1.6秒 / 北緯35.699417度 東経139.817111度 / 35.699417; 139.817111

墨田区総合体育館(すみだくそうごうたいいくかん)は、東京都墨田区錦糸に所在する体育館である。運営・管理はすみだスポーツサポートPFI株式会社。

概要[編集]

1967年に墨田区体育館として錦糸公園内に開館。

だが、築40年を過ぎて老朽化が進んだため建て替えに踏み切り、一時閉館。「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)を適用し新日鉄エンジニアリンググループのすみだスポーツサポートPFI株式会社が事業を受託[1]2010年4月1日に「墨田区総合体育館」として開館した。開館に先駆けて3月20日にプレイベントとしてバスケットボールJBL・トヨタ自動車アルバルク vs アイシンシーホースが催された。

館内には同区出身の元プロ野球選手である王貞治を顕彰する「王貞治のふるさと墨田」も併設[2]

プロバスケットボールB3.LEAGUE東京サンレーヴスの試合などプロスポーツイベントに使用される他、2013年東京国体ハンドボール競技の会場として使われた。2014年度から、日本フットサルリーグ(Fリーグ)1部に昇格したフウガドールすみだのホームアリーナでもある。

施設[編集]

  • 本館
    • 5階:屋上(アーチェリー・フットサルなどに対応)
    • 4階:観客席(固定観客席1,500席)・ランニングコース(1周約260m)
    • 3階:メインアリーナ・サブアリーナ(可動壁で仕切られており、大きなイベントでは一体化しての利用も可、38m×81m=3078平方メートル[3]
    • 2階:総合受付・武道場・トレーニング室・スタジオ・カフェレストランなど
    • 1階:屋内プール(25M×7コース可動床)
  • 諸元[3]
    • 設計:日本設計・慎設計共同企業体
    • 施工:鹿島建設・フジタ・岡建工事建設工事共同企業体
    • 敷地面積:14,336.39 m2
    • 建築面積:5,599.41 m2
    • 延床面積:19,836.90 m2
    • 最高高さ:35.90 m

旧墨田区体育館[4][編集]

  • 所 在 地:墨田区錦糸4-15-1
  • 建築面積:3,224.30 m2
  • 延床面積:3,551.78 m2
  • 構 造 :鉄筋コンクリート造2階建て
  • 施設構成:競技場1,209 m2 観客席700席、柔道場174 m2(畳敷き84畳)、剣道場174 m2(14.5m×12m)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 墨田区総合体育館(東京都墨田区) 株式会社 オーエンス
  2. ^ 名誉区民顕彰コーナー「王貞治のふるさと墨田」を開設します 東京都墨田区オフィシャルサイト 2010年4月6日付
  3. ^ a b ご期待ください 充実した施設と新しい機能を備えた総合体育館 墨田区総合体育館特集号 すみだ区報 2009年11月21日号
  4. ^ 墨田区教育委員会資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]