中平まみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中平 まみ(なかひら・まみ、1953年12月26日 - )は、日本の小説家

人物[編集]

日活映画の監督を務めた中平康の娘として1953年に東京に生まれる。本名は中平眞實。

青山学院高等部卒。武蔵野音楽大学ピアノ科中退[1]

テレビ朝日の「ニュースセブン」のアシスタントを経て、1980年に『ストレイ・シープ』で田中康夫とともに文藝賞を受賞して話題となり、作家デビューする。

自殺未遂、躁鬱病を体験し、『狂躁の日々』、『囚われた天使』にその体験を描く。

以前は、日本共産党の支持者であった[2]が、2001年に行われた第19回参議院議員通常選挙自由連合から比例代表で立候補した。1608票を得たものの落選した。

2013年6月、中平は、「1991年当時、猪瀬直樹不倫関係にあり、ドライブデートをした際に、猪瀬が飲酒運転を行い、中央分離帯に衝突する事故を起こした」という内容の告白を『週刊文春』の取材に対して行った[3]。当時書かれて雑誌に掲載され単行本未収録になっていた猪瀬をモデルとした小説は、『ポランスキーも小男だけど』として刊行された。

著書[編集]

  • 『ストレイ・シープ』河出書房新社 1981 のち文庫
  • 『映画座』河出書房新社 1982
  • 『令女好みの振袖紋様』河出書房新社 1985
  • 『マリリン・ブルウ』光文社文庫 1986
  • 『シュガーコオトを着た娘』角川書店 1989 のち文庫
  • 『まみのリラックス倶楽部』フレーベル館 1990
  • 『バラのしたで』マガジンハウス 1990 のち河出文庫
  • 『恋ひ恋ひて 私の万葉恋歌選』マガジンハウス 1991 のち角川文庫
  • 『恋愛論は欲しくない』河出書房新社 1991
  • 『この世で一番好きなこと』河出書房新社 1993
  • 『危うい女』河出書房新社 1994
  • 『メランコリア』作品社 1995
  • 『狂躁の日々』作品社 1996
  • 『ブラックシープ・映画監督「中平康」伝』ワイズ出版 1999
  • 『囚われた天使』KIBA BOOK 1999
  • 『フルーツフル』実業之日本社 2000
  • 『王子来るまで眠り姫』清流出版 2008
  • 『小百合ちゃん』講談社、2011 (吉永小百合の想い出)
  • 『ポランスキーも小男(チビ)だけど 中平まみ-短篇集-』展望社 2013
  • 『天気の話は致しません あの作家は私の前ではこんなふう』未知谷 2014

脚注[編集]

  1. ^ hontoネットストア - 『メランコリア』「著者紹介
  2. ^ 「率直、正直、素直な私だから選挙はずっと共産党。一票しかないからってむなしくならず、正しいと思う党に、自分の直感とか、感覚を生かしてほしい。」 - 出典:日本共産党中央委員会発行のパンフレット『ご存じですか 日本共産党のこと』(1996年9月発行)15ページ
  3. ^ 出典:『東スポWeb』(2013年11月24日)「元不倫相手が猪瀬氏斬り「ぶちこむべき」」 - これに対し、猪瀬は、不倫は認めたが、飲酒運転は否定している。

関連項目[編集]