中国第一汽車集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国第一汽车集团有限公司
China FAW Group Co.,Ltd.
中国第一汽車集団本社
中国第一汽車集団本社
種類 国有独資公司(中華人民共和国公司法
中央企業中央国資委公布)
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
吉林省長春市緑園区東風大街2259号
設立 1953年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車製造
代表者 徐留平(董事長)
外部リンク http://www.faw.com/ (英語)
テンプレートを表示

中国第一汽車集団有限公司(ちゅうごくだいいちきしゃしゅうだん-ゆうげんこうし、英語表記China FAW Group Co.,Ltd.簡体字中国第一汽车集团有限公司、略称:FAW Group一汽)は、中華人民共和国の国有自動車メーカー。吉林省長春市に本拠地を置く。

1953年に設立された中国最古の自動車メーカーであり、上海汽車東風汽車と並ぶ三大国有自動車メーカーのうちの一社であり、上海汽車東風汽車長安汽車奇瑞汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」のうちの一社となる。

商用車部門となる中国国内での貨物自動車のマーケットシェアは20パーセントを占め、2015年から4年連続の首位であり[1]、僅差で東風汽車が続いており[1]GVW15トン以上となる大型貨物自動車の総販売台数では世界一である[2]

歴史[編集]

1956年7月に撮影された完成車第一号を記念した祝賀パレード

第一汽車は1953年にロシアの自動車メーカージルの支援により設立され、1956年にジルによる支援が終了した。設立後30年間の主な生産車種は、1956年から生産が開始された、ソビエト連邦トラックZIS-150をベースとした中国人民解放軍の中型トラック、CA-10と、その2年後に生産が開始されたZIL-157をベースとする軍用トラック、解放・CA30であった。1988年には新型のCA-141の生産が開始された。

乗用車は、1958年から自社ブランドの紅旗を立ち上げ、これは中華人民共和国はじめての国産乗用車で、中国要人の専用車としても広く使われた。1977年と1981年には大野耐一の直接指導でトヨタ生産方式を導入する。1991年にはフォルクスワーゲンと提携し、世界の最新技術を使った乗用車フォルクスワーゲン・ジェッタの生産を子会社で開始した。さらにトヨタマツダなどの大手自動車メーカーとも提携し、2005年からはトヨタ・クラウンなどの生産を開始した[3]

その後成長を続け、東風汽車上海汽車と共に中国三大自動車メーカーの一角となり、2004年には販売台数100万台を突破した。

2015年5月7日、第一汽車の新董事長に東風汽車の前董事長だった徐平が任命された。東風汽車は前日6日に第一汽車の元董事長だった竺延風が新董事長に任命されている[4]

2018年9月、ファントムなどで有名なロールス・ロイスのチーフデザイナーだったジャイルズ・テーラーが第一汽車の副社長および紅旗の設計責任者(CCO[要曖昧さ回避])に就任した[5][6]

取り扱いブランド[編集]

紅旗[編集]

紅旗・L5

第一汽車の高級車ブランドで、トヨタ・クラウンベースのセダンH7トヨタ・クラウンマジェスタベースのHQ3や、リンカーン・タウンカーベースのリムジン旗艦なども生産する。

奔騰[編集]

一汽轎車が製造・販売を行う。現在、B70やT77などの車種が販売されている。

欧朗[編集]

英語表記はOley。一汽轎車が製造・販売を行う。2011年広州国際モーターショーにてブランド発足が発表された[7][8]。欧朗は2012年3月7日にラインオフし、4月19日から正式に発売が開始された。 フォルクスワーゲン・ジェッタMkIIの車台をベースに開発されたセダンで、外寸は全長4485mm、全幅1660mm、全高1465mm、ホイールベース2525mmである。1.5Lエンジンを搭載し、トランスミッションは5MTおよび4AT(いずれもアイシン製)となる。2016年にブランド廃止された。

海馬[編集]

1990年代初期に海南汽車 (Hainan Auto Works) とマツダが提携を行い、マツダからのライセンス供与を受けて生産した車を海馬 (Haima) ブランドで販売していた。1990年代後期に第一汽車集団傘下に入り、一汽海馬汽車有限公司となった。その後マツダとの提携を終了した。

吉林[編集]

子会社である一汽吉林汽車がブランド展開・販売している。SUVである森雅R7、森雅R9のほか、商用バン、商用トラックを販売している。

グループ企業[編集]

華利汽車のハイゼット

生産拠点[編集]

中国国内のほか、2006年にメキシコの世界的大富豪カルロス・スリムの所有するジャイアント・モーターズ・ラテンアメリカと提携してイダルゴ州でトラックを生産しており[9]、2007年からはメキシコの有力財閥であるサリナス・グループと提携してミチョアカン州にも工場を建設している。これにより第一汽車は中国で2番目に海外に生産拠点を保有する自動車メーカーとなり、NAFTAに工場を所有する最初の自動車メーカーとなった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Outlook on the Chinese Heavy Truck Industry 2019-2025 - FAW Jiefang Leads with a Market Share of 20%, Closely Followed by Dongfeng Motor with 19%”. Research and Markets (2019年11月15日). 2021年6月4日閲覧。
  2. ^ いすゞとボルボ・グループ、戦略的提携に関する基本契約を締結 (PDF)”. (プレスリリース)いすゞ自動車 (2019年12月15日). 2021年6月4日閲覧。
  3. ^ 天津トヨタ自動車の設立と第一汽車集団との提携”. トヨタ自動車. 2017年4月23日閲覧。
  4. ^ 中国国有大手、幹部交代相次ぐ 習指導部が反腐敗で人事権誇示”. 日本経済新聞 (2015年5月7日). 2015年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月9日閲覧。
  5. ^ “ジャイルズ・テーラー氏がFAW Groupに入社(共同通信PRワイヤー)”. 毎日新聞. (2018年9月7日). https://mainichi.jp/articles/20180907/pls/00m/020/524000c 2018年9月11日閲覧。 
  6. ^ “第一汽車、ロールスロイスのチーフデザイナーを副社長に…独自の高級車ブランド強化へ”. response. (2018年9月10日). https://response.jp/article/2018/09/10/313851.html 2018年9月11日閲覧。 
  7. ^ 2012年3月将上市 一汽全新品牌欧朗发布”. 汽车之家 (2011年11月21日). 2012年2月25日閲覧。
  8. ^ FAW launches new brand called Oley in China”. paultan.org (2011年11月29日). 2012年2月25日閲覧。
  9. ^ Grupo Salinas frena ventas de FAW Trucks”. vanguardia-industrial (2010年11月22日). 2018年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]