CCO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CCO

  • かつて防衛庁に設置されていた特別の機関契約本部(現:防衛省装備本部)の英語名称(CCO:Central Contract Office)。
  • CCO (会社) - オンラインゲームの代理運営業務を行う日本の企業。
  • アメリカを中心に用いられている幹部役員職の略称。内容は各企業によって異なる場合がある。
    1. Chief Customer Officer - 最高顧客責任者。顧客満足(CS,Customer satisfaction)の責任を負う。日本では顧客満足担当役員が、これに相当する。
    2. Chief Creative Officer - チーフ・クリエイティブ・オフィサー。デザインやブランドマネジメント、宣伝戦略の運営を行う。日本での代表例は日産自動車中村史郎常務執行役員兼CCO。
    3. Chief Compliance Officer - 最高コンプライアンス責任者。コンプライアンス(法令遵守)に責任を持ち、米国では特にいわゆるSOX法の対策に大きな力を持つ。
    4. Chief Communication Officer - 最高コミュニケーション責任者。他社との交渉や友好のほか、記者会見など対外的コミュニケーションのやり取りに責任を持つ。日本では一般的でない。
    5. Chief Content Officer - チーフ・コンテンツ・オフィサー。コンテンツ及びクリエイティブに関する最高責任者。日本では一般的ではない。
    6. Chief Credit Officer - CFO(最高財務責任者)に相当する役員を企業によってはこう呼ぶ。日本では一般的でない。
    7. Chief Center Officer - 総合大学において、すべての学部の責任を持つ責任者。日本ではおらず、学長などがこれに相当する。
  • 大阪市住之江区にある複合イベントスペースクリエイティブセンター大阪の英語名称(CCO:Creative Center OSAKA)。
  • シスコシステムズ(Cisco Systems, Inc)のオフィシャルサイト(Cisco.com)の旧名称(CCO:Cisco Connection Online)。現在は名称変更されているが、従業員や代理店などの関係者および認定資格所持者は今でもこう呼ぶことが多く、事実上の通称となっている。