中井秀範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井 秀範(なかい ひでのり 1958年 - )は、富山県出身の芸能関係者で、吉本興業総合企画室室長、吉本音楽出版取締役、日本音楽事業者協会理事などを務める。

来歴・人物[編集]

慶應義塾大学法学部を卒業後、1981年に吉本興業入社、桂三枝(現・六代目桂文枝)、明石家さんまダウンタウンらのマネジャーを歴任、また、FUJIWARAの名付け親でもある。その後は吉本新喜劇プロジェクト、吉本総合芸能学院(NSC)の開設に携わり、よしもとファンダンゴ(旧ファンダンゴ)代表取締役社長、吉本音楽出版代表取締役社長などを歴任した。他にも、東京電力インターネットサービスプロバイダTEPCOひかり」向けブロードバンドサイト「casTY」やスカパー!などで視聴できたCSチャンネル『ファンダンゴTV』など吉本興業のブロードバンド・コンテンツ配信事業を手がけた。

2007年2月25日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の「七変化・FUJIWARA・藤本編」に出演、藤本の給料明細(本物)を見ながら、「給料明細見してみぃ! 短っ! 『転職フェスティバル』て。これで6万も貰うてんの? 1か月でこんだけしか仕事ないんけ?」などと藤本の仕事の少なさとギャラの安さを罵倒する役を演じ、浜田雅功から、「芸人より喋りが上手い」と評された。

2014年12月1日に開局した『Kawaiian TV』の代表取締役社長に就任[1][2]

脚注[編集]