上條さなえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上條 さなえ(かみじょう さなえ、1950年3月8日[1] - )は、日本児童文学作家である。

人物[編集]

著書[編集]

  • 『さんまマーチ』(1987年、国土社)解説:大石真
  • 『恋と虹のファンファーレ』(1989年、国土社)
  • 『ちんどんパレード』(1991年、国土社)
  • 『コロッケ天使』(1991年、学習研究社)
  • 『女なんてだいきらい』(1994年、偕成社)
  • 『ともだちじゃないか』(1997年小学館
  • 『天丼一丁、こころ一丁』(1999年汐文社
  • 『パオにいちゃんの魔法のスープ』(2002年、汐文社)
  • 『保健室のクッキー』(2003年、汐文社)
  • 『わたしとママのチョコレート物語』(2005年文溪堂
  • 『10歳の放浪記』(2006年、講談社)
  • 『玉子の卵焼き』(2010年、文溪堂)

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.447

外部リンク[編集]