上坂信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上坂 信男(うえさか のぶお、1927年昭和2年) - 2018年平成30年)4月8日[1])は、国文学者。『源氏物語』が専門だが、現代文学も論じる。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市生まれ。1950年早稲田大学文学部卒業。関東学院六浦高等学校教諭、青山学院大学助教授、81年「源氏物語の研究」で青山学院大学文学博士。早稲田大学文学部教授、93年共立女子大学文芸学部教授。97年退職。

著書[編集]

  • 『物語序説』有精堂選書、1967
  • 伊勢物語評解』有精堂出版、1969
  • 『古代物語の研究 長篇性の問題』笠間書院、1971
  • 『源氏物語 その心象序説』笠間選書、1974
  • 『源氏物語往還』笠間書院、1978
  • 百人一首・耽美の空間』右文書院、1979
  • 『源氏物語の思惟・序説 古代物語の研究続』笠間書院、1982
  • 『虚往実帰 井上靖の小説世界』右文書院、1985
  • 川端康成 その『源氏物語』体験』右文書院、1986
  • 『演劇史にみる源氏物語転生』右文書院、1987
  • 室生犀星と王朝文学』三弥井書店、1989
  • 竹取物語全評釈 古注釈篇』右文書院、1990
  • 『古典の水脈』新典社研究叢書、1995
  • 『源氏物語捷径』全4巻、別冊、江ノ電沿線新聞社、1999-2001
  • 『竹取物語全評釈 本文評釈篇』右文書院、1999
  • 『太虚へ 辻邦生歴史小説の世界』右文書院、2004
  • 『光源氏・女人群像 藤壺と六条御息所 源氏物語受容史一斑』右文書院、2005

共編著[編集]

  • 『古典文問題精選 集中ゼミ方式』編 有精堂出版、1966
  • 『九本対照竹取翁物語語彙索引』編 笠間書院、1980 笠間索引叢刊
  • 『『源氏物語』の思惟 その"ことば"に読む』湯本なぎさ共著 右文書院、1993
  • 『源氏物語の思惟と表現』編、新典社研究叢書、1997
  • 『源氏物語の方法』湯本なぎさ共著 明現社、1997

訳注[編集]

  • 『竹取物語 全訳注』講談社学術文庫、1978
  • 宇津保物語・俊蔭 全訳注』神作光一共著、講談社学術文庫、1998
  • 『枕草子全訳註』神作光一、湯本なぎさ、鈴木美弥共著 講談社学術文庫、1999 - 2003

脚注[編集]

  1. ^ 上坂信男氏(早稲田大学元教授、共立女子大学元教授)逝去 文学通信 2018年7月1日

参考[編集]