三秋信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三秋信号場(みあきしんごうじょう)は、かつて愛媛県伊予市にあった、日本国有鉄道予讃本線(現在の予讃線)の信号場である。

構造[編集]

向井原駅 - 高野川駅間に存在した。使用当時構内は2線で、1番線が上下本線、2番線が上下副本線の1線スルー運用となっていた。また当時は優等列車の通票通過授受が行われていた為、1番線は上下方向共に通票受柱、通票授柱が存在していた。

上り線(松山方面)には、鉄道職員用の詰所(小屋)が存在していた。

信号場が廃止された現在は、2番線が取り外されていて、向井原駅伊予上灘駅の間で、1閉塞区間となっている。

歴史[編集]

現在の状況[編集]

  • 通票受柱、通票授柱と詰所は、当時のまま存在している(保線作業等で詰所が現在も使用されているかどうかの有無については不明)。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
予讃本線
向井原駅 - 三秋信号場 - 高野川駅