三代目襲名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三代目襲名
監督 小沢茂弘
脚本 高田宏治
原作 田岡一雄
製作 田岡満
日下部五朗
今川行雄
出演者 高倉健
松尾嘉代
渡瀬恒彦
音楽 渡辺宙明
撮影 仲沢半次郎
編集 市田勇
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1974年8月10日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億1700万円[1]
前作 山口組三代目
テンプレートを表示

三代目襲名』(さんだいめしゅうめい)は1974年8月10日東映で公開された日本映画。「山口組三代目」の続編であり、三部作『山口組三代目シリーズ』の第二弾。

概要[編集]

神戸の小さな組を日本最大の暴力団に育てた田岡の一代記。本続編では、田岡が1937年に大長八郎を斬って八年の刑で京都刑務所に服して以降が描かれる[2]。終戦と同時に日帝に虐げられたなどとする三国人の蜂起により、無法地帯となった神戸の街で、田岡が自分の組を自警団として三国人の脅威から一般人を守ろうとし、抗争に巻き込まれていく[2]

1973年8月公開の『山口組三代目』が各地区の防犯協会から上映阻止の運動が起きたため[3]岡田茂東映社長は「ここ当分は続編を作らない」と言明した[3]。しかし既に一年近く経ち、"ここ当分"の期間は過ぎたと判断[3]東宝の夏興行が『ノストラダムスの大予言』、松竹が『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』と強力番組が掛かると伝わり、いろいろ対策を練った末、続編をぶつけることに決めた[3]

この後、全国展開する時代を描くシリーズ三作目『山口組三代目 激突篇』も製作予定であったが、山口組に利益供与していると警察の捜査を受け、製作を断念したためこの作品が最終作となった。田岡は自伝執筆には労力を割き、映画化には期待もして、ちょうど体調が思わしくなかった時期に三作目が製作中止になったため、かなりこたえた様子だったと田岡フミ子は手記に書いている[2]

4億1700万円の配給収入を記録、1974年(昭和49年)の邦画配給収入ランキングの第5位となった[1]

キャスト[編集]

山口組
荒政組(本家は下関
刑務所
三国人聯盟
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、198-199頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ a b c 「実録やくざ映画大全」、『映画秘宝』、洋泉社2013年、 118頁。
  3. ^ a b c d 河原畑寧「邦画ジャーナル 『山口組三代目襲名』」、『ロードショー』1974年9月号、集英社、 231頁。

外部リンク[編集]