三ツ境ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三ツ境ライフ
Sotetsu Mitsukyo Life
三ツ境ライフの外観(改装工事前の2014年3月17日撮影)
三ツ境ライフの外観
(改装工事前の2014年3月17日撮影)
店舗概要
所在地 246-0022
横浜市瀬谷区三ツ境2番地19
座標 北緯35度28分4.27秒 東経139度30分11.75秒 / 北緯35.4678528度 東経139.5032639度 / 35.4678528; 139.5032639座標: 北緯35度28分4.27秒 東経139度30分11.75秒 / 北緯35.4678528度 東経139.5032639度 / 35.4678528; 139.5032639
開業日 1986年(昭和61年)10月
正式名称 三ツ境 相鉄ライフ
(相鉄三ツ境ビルA棟)
施設管理者 相鉄ビルマネジメント
延床面積 23,495 m²
中核店舗 そうてつローゼン三ツ境店
店舗数 スーパーストア1店、専門店57店
営業時間 10:00-20:00(2-4F)
※カフェ・レストランは22:00まで営業
08:00-23:30(1F)
駐車台数 363台
最寄駅 相鉄本線三ツ境駅
最寄IC 保土ヶ谷バイパス下川井IC
東名高速横浜町田IC
外部リンク http://mitsukyolife.com/
SOTETSU logo horizontal.svg

三ツ境ライフ(みつきょうライフ)とは、神奈川県横浜市瀬谷区にある相鉄本線三ツ境駅駅ビルおよびショッピングを中心とした複合施設の名称。また、道路を挟んで向かい側のカルチャーセンターなどが入る別棟も当施設の一部に含まれる。

なお、施設管理は相鉄ビルマネジメントが行っており、現在の正式名称は「三ツ境 相鉄ライフ」である。

概要[編集]

1986年昭和61年)10月開業。三ツ境駅の北側にあるA棟(メイン施設)と三ツ境下草柳線(駅北側の道路)を挟んだB棟から構成される(※ビル名は相鉄三ツ境ビルA棟・B棟)。また、駅ビルでもあるA棟は相鉄本線上空にある橋上駅舎と一体整備されており、駅コンコースや駅前人工広場2011年3月再整備完了[1])にも地上2階レベルで接続している。2015年時点では、横浜駅を除いた相鉄線沿線の駅ビルの中で延べ床面積が最大である。

なお、1963年(昭和38年)に開業した相鉄ストア(現・そうてつローゼン)は三ツ境が創業地であり、また当ビルの中に入る現在のそうてつローゼン三ツ境店は同系列店最大の中核店舗となっている。

A棟改装工事

改装工事のため2018年平成30年)7月29日より一旦休業(※1階のそうてつローゼン食料品売場のみ以降も営業を継続[2]、ただし9月27日10月12日まで同フロアも改装工事のため臨時休業[3])し、同年秋の全館リニューアルオープンを予定している[4]

フロア構成・テナント[編集]

店舗の詳細は「公式サイト」を参照。

相鉄三ツ境ビルA棟[編集]

(改装工事前のフロア構成)

4階
レストラン、生活雑貨、そうてつローゼン(日用品)
3階
専門店街(生活雑貨、CD/DVD、書籍)、そうてつローゼン(衣料品)
2階
専門店街(ファッション、ファッション雑貨、コスメ・ドラッグストアファストフード
〈※駅コンコースに面してミスタードーナツロッテリアケンタッキー・フライド・チキンが並ぶ〉
1階
専門店街(食料品)、そうてつローゼン(食料品スーパーマーケット

相鉄三ツ境ビルB棟[編集]

3階
三ツ境カルチャーセンター講座ルーム)、中萬学院/CGパーソナル
2階
三井住友銀行、三ツ境カルチャーセンター(受付・案内)[5]、ニチカ調剤薬局、三ツ境ライフクリニック渡部内科、カーブス
1階
チャンスセンター(宝くじたばこ)、駐輪場、月極駐車場


ギャラリー[編集]

A棟:改装工事前の館内の様子など(2014年3月17日撮影)

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]